주요 기사 바로가기

北朝鮮「南北関係は戦時状況に突入、金正恩時代はすべてが違う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.31 09:17
0
北朝鮮は30日、南北関係が戦時状況に突入したと明らかにした。

北朝鮮は同日午前、「政府・政党・団体特別声明」を通じ、「この時刻から南北関係は戦時状況に入り、したがって南北間で提起されるすべての問題は戦時に準じて処理されるだろう」と明らかにしたと朝鮮中央通信が伝えた。 

声明は、「待ちに待った決戦の最後の時がきた。朝鮮半島で平和でも戦争でもない状態は終わった」と強調した。続けて「米国と傀儡一味が軍事的挑発を起こすならば、それは局地戦に限定されず全面戦争、核戦争に広がることになるだろう。われわれの最初の打撃に米国本土とハワイ、グアムが溶け落ち、南朝鮮(韓国)駐留米軍基地はもちろん青瓦台(チョンワデ、大統領府)と傀儡軍基地も同時に焦土化するだろう」と警告した。

声明は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が緊急作戦会議を招集し戦略ミサイル打撃計画を最終検討・承認したとし、「元帥様の重大決心は米国と傀儡一味に対する最終警告であり正義の最終決断だ」と説明した。

また、「金正恩(キム・ジョンウン)時代には全てのことが異なるということしっかりと知らなければならない。いまや敵対勢力は朝鮮がない地球は存在できないという白頭霊将の意志と度胸、恐ろしさを身震いするほど味わうことになるだろう」と宣言した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP