주요 기사 바로가기

昨年平壌で金正恩除去の動き(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.13 08:48
0
昨年平壌(ピョンヤン)で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に危害を加えようとする試みがあったと対北朝鮮消息筋が12日に伝えた。北朝鮮情報に精通したこの消息筋は、「金正恩を除去するための試みがあったが成功できなかったと当局が把握している。しかし地方視察中でなく平壌市内で危害の試みがあった点に注目している」と話した。この消息筋は正確な危害主導勢力と時期に対しては明らかにしなかったが、「金英徹(キム・ヨンチョル)偵察総局長の階級が降格された11月中旬以前に内部の不満勢力が動いたものとみられる」と伝えた。

金正恩の最側近とされる金英徹偵察総局長は2010年の哨戒艦爆沈と延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発を指揮した軍部内の強硬派だ。昨年2月に北朝鮮軍大将(星4つ)に昇進したが11月に中将(星2つ)に降格され、先月26日に金正恩の功勲国家合唱団公演観覧の際には星4つを付けて復権したことが確認された。

これと関連して消息筋は、北朝鮮の対南工作を総括してきた偵察総局内部で昨年勢力争いが起こり銃撃戦まで発生したと話した。偵察総局は労働党作戦部、対外連絡部(社会文化部)、35号室(調査部)、人民武力部傘下対南組織(軍総参謀部偵察局)が2009年に統廃合されながら作られ、北朝鮮政権を支える核心組織とされる。この過程で偵察総局の主導権をめぐり労働党作戦部と対外連絡部出身者が対立しついに銃撃戦にまで発展したという。金英徹は銃撃戦に対する指揮責任を負い一階級(上将・星3つ)降格され、その後平壌で発生した金正恩への危害の試みでもう一度階級が降格されたものと北朝鮮消息筋は分析している。この消息筋は「当時銃撃戦後に粛清された勢力と金正恩危害の試みが関連しているかも知れない」と話した。


昨年平壌で金正恩除去の動き(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    昨年平壌で金正恩除去の動き(1)

    2013.03.13 08:48
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)第1書記
    TOP