주요 기사 바로가기

韓国、北の突発事態に備えNSCを常設化…金正日2周忌控え“クーデター説”も(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.17 08:34
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は16日、「最近北朝鮮で展開している一連の事態を見ると、北朝鮮情勢がどんな方向に進むのか不透明で、無謀な挑発のような突発事故への備えを排除できない状況」と話した。朴大統領は青瓦台(チョンワデ、大統領府)で首席秘書官会議を主宰した席で、張成沢(チャン・ソンテク)処刑事件に関連し、「現状況の深刻さと予測不可能性を勘案すると、汎国家的レベルで民・官・軍が共に常時的に備えなければならない」としてこのように明らかにした。

特に朴大統領はこの日の午後、青瓦台で外交安保長官会議を主宰して韓半島(朝鮮半島)の安保状況や周辺国の状況変化に対応するために国家安全保障会議(NSC)を常設化するよう指示した。これに伴い、金大中(キム・デジュン)政権時に作られて2008年の李明博(イ・ミョンバク)政権スタートと共に廃止されたNSC事務局が5年ぶりに復活することになった。

朴大統領はこの日「国家安保室を中心に関連動向を鋭意注視して、すべての状況に備えることを望む」として「軍警は多様な形の突発に備え、特に西海5島をはじめとする北朝鮮と隣接した地域の安保態勢を強化して治安維持に万全を期してほしい」と要請した。

朴大統領は午後の会議で「政府がどんな状況に対しても万全の対応体制を整えて信頼を確立することによって、国民が安心して生業に従事できるようにすべきだ」と強調したと李貞鉉(イ・ジョンヒョン)広報首席が伝えた。

朴大統領の指示と言及は、北朝鮮情勢が非常に深刻だという状況認識に従ったものと見られる。外交安保長官会議では、南在俊(ナム・ジェジュン)国家情報院長らが北朝鮮の挑発や急変事態など現状況で発生しうるシナリオも報告したと伝えられた。
韓国、北の突発事態に備えNSCを常設化…金正日2周忌控え“クーデター説”も(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP