주요 기사 바로가기

若さを取り戻せる? 米研究チームが「青春の泉」の遺伝子を発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.08 14:27
0
子供は大人に比べて傷口が早く治る。ヒトだけでなく、すべての動物は皆そうだ。カエルよりはオタマジャクシ、成魚よりも稚魚のほうが再生能力が高い。しかし、このような「若さの力」は年を取るにつれて急激に退化する。もし子供時代の治癒力をよみがえらせることができるのなら、若さを取り戻して各種の退行性疾病から離れられるかもしれない。

7日(現地時間)、米ボストンの児童病院・ハーバード大医学部のジョージ・デーリー(George Daley)教授チームは、生命科学分野の世界的な学術誌である『セル(cell)』に掲載した論文を通じて「青春の泉(Fountain of youth)」の遺伝子の機能を突き止めた。

研究陣が機能を究明した遺伝子は、動物の発達・成長と関連しているとされる「Lin28a」だ。この遺伝子は、胚芽の段階で活性化が最高潮になる。妊娠期間中に退化し始めて、出生後には機能が停止する。

研究陣は遺伝子の操作を通じてLin28aを活性化させたネズミを作った。このネズミは他のネズミに比べて体毛が多かった。ネズミの毛嚢は、普通10日単位で成長と休息を繰り返す。研究陣は毛嚢の休止期にネズミの毛などをそって3週間の変化を調査した。その結果Lin28aを活性化させたネズミの毛が一般のネズミより早く成長しているという事実を確認した。また、研究陣はネズミの耳と足指に傷を付けて治る速度を観察した。やはりLin28aを活性化させたネズミの回復スピードが、一般のネズミに比べてはるかに早かった。Lin28aがネズミの新陳代謝と関連した酵素をたくさん作り出して代謝過程を活性化させたためだ。

デーリー教授はセルとのインタビューで「Lin28aは、成人に子供のときの再生能力を引き戻してくれる複合治療剤(healing cocktail)の一部になり得る」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    若さを取り戻せる? 米研究チームが「青春の泉」の遺伝子を発見

    2013.11.08 14:27
    뉴스 메뉴 보기
    生後2日目のネズミの足の中指(3本)の前部を切断してから3週間が経過した様子。一般のネズミ(上)に比べて「Lin28a」の遺伝子を活性させたネズミ(下)のほうが、組織と骨が目に見えて成長した。赤線は元々の足指の長さ。
    TOP