주요 기사 바로가기

サムスン電子の持続成長確認、「今後の株価に肯定的」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.08 13:30
0
サムスン電子がスマートフォン以後の成長動力に言及したことについては、アナリストの間でさまざまな意見が交錯した。短期的には新事業よりも技術的進歩によって既存事業の市場拡大に注力し、長期的には自動車・ヘルスケアなどアナログ製品にIT技術を組み合わせて新しい市場を創り出すというのが、サムスン電子が明らかにした計画だ。これによってサムスン電子は2020年の目標売り上げとして4000億ドルを提示した。ファン・ミンソン研究員は「長期計画だが目標が具体的で、持続成長への自信が含まれている」と評価した。

一方、今すぐ実績を向上させる新しい内容はなかったという批判も提起された。IM投資証券のイ・ミンヒ研究員は「サムスン電子が提示した目標を達成するには、まずコンテンツ競争力を確保してハードウェア的に他企業と顕著な差別化を図らなければならない」と指摘した。チン・ソンヘ研究員は「設備投資などへの具体的言及がなくて残念だった」と話した。

目標株価はすべてのアナリストが現在の観点を維持した。シンヨン証券のイム・ドリ研究員は「具体的な実行戦略についての公開はなかったが、これまでの成果のレビューや今後のビジョンを宣言することで、今後の株価に肯定的影響を及ぼすだろう」と見通した。しかしイ・ミンヒ研究員は「投資家たちはアナリストデーの中で、自社株の買い入れ方案や今後の事業方向についてもう少し具体的な内容を望んでいたが、十分な答弁を聞くことができなかった」と伝えた。投資家の期待感と物足りなさが共存する中で、サムスン電子の株価は4取引日連続で劣勢を見せた。7日のサムスン電子の株価は前日よりも0.96%下落した143万7000ウォンを記録した。
サムスン電子の持続成長確認、「今後の株価に肯定的」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP