주요 기사 바로가기

【コラム】アフリカが韓国を待っている(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.30 17:03
0
2006年にコンゴ民主共和国の大統領に当選したジョゼフ・カビラ。1971年生まれの彼は、選挙で選ばれた大統領では世界最年少だ。2011年にコンゴ民主共和国を訪問した当時、この若い大統領の手に英文版『韓国経済開発史』があったのを見た。「良い暮らしをしよう」という意志がみなぎる彼は、公然と故朴正熙(パク・ジョンヒ)大統領が自分のロールモデルだと語った。自国の国民のより良い暮らしのために欠かせないインフラの建設に拍車を掛ける姿が非常に印象的だった。

今年6月にソウルを訪問したアルマンド・ゲブーザ・モザンビーク大統領から、異例にも政策金融機関長の筆者に会いたいという連絡があった。あいさつが終わると、すぐにゲブーザ大統領はモザンビークの地図を広げ、自国の天然ガス田開発事業に対する韓国企業の積極的な投資と金融協力を要請してきた。

貧困の大陸、アフリカが飛翔の翼を広げている。水が溜まったところでアクビをしていた“カバ世代”が退き、鋭く躍動的な“チーター世代”が浮上し始めたのだ。2000年に750ドルにすぎなかった1人当たりの国内総生産(GDP)も10年間で1700ドルと2.3倍に増えた。

豊かな天然資源、若い人口、巨大消費市場はアフリカの最大の武器だ。「世界最後の経済成長エンジン」と呼ばれるほどだ。昨年、世界的に外国人直接投資(FDI)規模が18%減少しながらも、アフリカに対するFDIは5.5%増えた点は、これを傍証している。

実際、アフリカは恵まれた地だ。地質学的に大陸自体が最も早く形成されたため、天然資源が他のどこよりも豊富だ。これといった資源もなく、ひたすら輸出のために汗を流してきた韓国とは比較にならない。

一例として、アンゴラが08年に原油の輸出で稼いだ金額は730億ドルほどだが、これはソウル市と京畿道が2年間使う予算を合わせた金額よりはるかに多い。金・銅など伝統的な鉱物のほかにも、レアアース(希土類)・ウラン・チタンなど未来型産業資源、海洋油田まで次々と発見されている。一体どれほどの天恵の自然、いや資源環境を保有しているのだろうか。
【コラム】アフリカが韓国を待っている(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP