주요 기사 바로가기

「韓日中、欧州のように過去の歴史を克服して共同利益のために努力を」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.31 10:52
0
--米中G2時代をどのように見るか。

「米国につくか、中国につくかの敵対的なゼロ・サム選択のように考えるのは古い発想だ。オバマと習近平関係は今後も良いだろう。韓国・日本は中国・米国の協力をつなぐ役割をしなければならない。」(鳩山)

「冷戦時代に戻るのは不可能だ。オバマが習近平を米国、カリフォルニアに招いて形式から抜け出した対談を初めて進める。異例的で肯定的な兆しだ。米・中関係は小さい困難があるだろうが5年、10年後さらに改善されるだろう。」(韓昇洙)

--金正恩(キム・ジョンウン)の威嚇が高まった中で朴槿恵大統領は韓半島信頼プロセスを推進している。

「北朝鮮の経済再建を助ける環境を構築するために協力しなければならない。東アジアの平和協力共同体構想に北朝鮮も編入できるシステムを作る必要がある。」(鳩山)

「政治指導者でも言論でも刺激的な発言は平和共存に役に立たない。北朝鮮の若い指導者が若さを信じて不適切な決定をしないように中国が適切な役割をしなければならない。」(マハティール)

「南北両者が信頼構築を始めることは難しい。 周辺国家と多者間信頼構築が先に必要だ。」(韓昇洙)






「「韓日中、欧州のように過去の歴史を克服して共同利益のために努力を」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP