주요 기사 바로가기

「韓日中、欧州のように過去の歴史を克服して共同利益のために努力を」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.31 10:48
0
韓国・日本・マレーシアの元首相が一堂に会して「アジアの新しい波」を論じた。30日、済州島で公式開幕した「平和と繁栄のための済州フォーラム2013」の「世界指導者セッション」がその舞台であった。3カ国の前職首相は欧州統合の経験、習近平時代の中国、朴槿恵(パク・クネ)政府の南北関係などを話題に討論を進めた。 韓昇洙(パク・ジン、元国会外交通商統一委員長)アジア未来研究院常任代表が司会を担当した。次は朴代表との対話要約。

--欧州の経験からアジアが習う点は。

「いつも戦争をしていたフランスとドイツが連合を成し遂げて60年間平和を維持している。欧州のように敵対的な歴史のしこりを後にして共同利益と目標のために努力しなければならない時だ」(マハティール・ビン・モハマド)

「東アジア共同体構想のためには日本・中国、日本・韓国間で巨大な協力を推進しなければならない」(鳩山由紀夫)

「ヨーロッパは共同体を通じて平和を成し遂げた。アジアも指導者の理想的なアイディアを土台にした政治的意志が必要だ」(韓昇洙)

--韓中日自由貿易協定(FTA)に対する考えは。

「米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)に先立って韓中日FTAを先に締結しなければならない。だが、安倍政権は恐らくTPPを先にしようとするだろう。韓中日FTAは日本の本心ではないこともあり得る」(鳩山)

「韓中日の3国はお互いを敵と見てはならない。欧州連合(EU)、北米自由貿易協定(NAFTA)があるのにどうして東北アジアではそういうことができないのか」(マハティール)

--習近平時代の中国はどうだろうか。

「4度会った習近平は慎重で現実的な指導者であった。国政を堅実に運営するようだ」(鳩山)

「中国を敵対視すれば中国も私たちを敵対視するだろう」(マハティール)

「アジアの新しい波は中国の浮上だ。中国は強大国として責任を持って国際社会の規則により行動するだろう」(韓昇洙)
「「韓日中、欧州のように過去の歴史を克服して共同利益のために努力を」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓日中、欧州のように過去の歴史を克服して共同利益のために努力を」(1)

    2013.05.31 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    済州(チェジュ)フォーラム2日目である30日、世界指導者セッション参席者が熱を帯びた討論を行ている。
    TOP