주요 기사 바로가기

帰ってきた“国宝1号”崇礼門、615年前の姿を取り戻す(2)=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.30 10:17
0
◇伝統は進化する=今だから言うが、5年前、崇礼門を守れなかったあなたたちは薄情だった。しかし今は感謝しなければならない。その間忘れられていた伝統建築技法を取り戻した職人の労苦に頭が下がる。工場で刷った品格のない瓦の代わりに、窯で心を込めて焼いた瓦を載せるのに苦労も多かったはずだ。窯は朝鮮時代の構造を取り戻しながらも、過去の土の代わりに耐熱レンガを使うなど現代的技術を加えた。このように復元された伝統瓦はやや粗いが素朴な美しさを誇る。耐久性も工場の瓦に劣らない。伝統と新しい技術が結びついた。

また化学顔料の代わりに天然顔料を使った丹青で体を覆い、心も落ち着く。顔料制作技術が消え、今回はほとんど日本産を使ったが、私たちの手で作った顔料を使う日が近いうちにくると信じている。石壁の石は職人が朝鮮時代に使った石切り鑿と槌を利用して一つひとつ整えた。崇礼門付近の石壁に残っていた古い石と抱川の石山で採掘された新しい石が混ざり、ややぎこちなく見えるかもしれないが、結局、時間が解決する問題だ。

私も手術を受けた。亀裂が入った部分を接合し、1800年代の拓本に基づいて崇と礼の文字の傾きと連結部分などを正した。ここでクイズ一つ。私がなぜ崇礼門の中央に縦に掛かっているのご存知だろうか。その通り。冠岳山(クァナクサン)の火気を阻止して首都の漢陽を守るためだった。恥ずかしくも私の任務は5年前に失敗した。今後、二度と過ちは繰り返されないだろう。

▽シン・ウンス大木匠(71)=「千年続く崇礼門」を目標に作業した。今回の復元が国民に文化遺産に対する主人意識を持ってもらう契機になればいい。

▽ホン・チャンウォン丹青匠(59)=朝鮮初期の丹青を取り戻した。火災を“転禍為福”とし、消えた伝統顔料と彩色技法を復元したということに心が満たされる。

▽イ・グンボク翻瓦匠(64)=2万3369枚の瓦を一つひとつ最善をつくして載せた。新しい崇礼門の瓦の美しい色彩と曲線が国民に感動を与えられることを望む。

▽イ・ウィサン石匠(72)=過去の石工が使った石切り鑿と槌を使用し、伝統方式で作った。石匠人生55年で最も感動的な経験だった。
帰ってきた“国宝1号”崇門、615年前の姿を取り戻す(1)=韓国


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP