주요 기사 바로가기

脱北者、NLLをゆうゆうと越え…韓国軍出動も「ときすでに遅し」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.05 09:59
0
脱北者が漁船をこっそり盗んで西海(ソヘ、黄海)の北方境界線(NLL)をゆうゆうと越えていった事件は韓国の西海最北端安保システムに穴が開いていたことを見せてくれる。北朝鮮の戦争威嚇が高まった時点に国防部と軍が鉄桶警戒を強調してきた渦中に起きたことなので深刻性を加えている。「ノック亡命」に続きまた、警戒に失敗した。

ワタリガニ漁の漁船であるジンフン3号(9.7トン)を盗んで北朝鮮に行った脱北者(28)が出港が禁止された夜間に漁船を出して行ったことから納得するのは難しい。軍関係者は「漁船が港に入ってきたら漁船統制所に船舶エンジンのキーを預けるべきなのに最近、船長が管理するように規定が変わり、昨日は船にキーがさしてあったようだ」と伝えた。1日からワタリガニ漁のシーズンに突入しながら生計問題を前面に出す漁民の嘆願が激しいという理由で漁業指導船・海洋警察・海軍などのNLL周辺管理がおろそかになったという指摘も出ている。

船舶監視レーダーにも死角地帯が現れた。延坪島(ヨンピョンド)に設置された海兵隊レーダー2台はNLLがある北方に向かうものだけ探知するように設置されている。したがって延坪島南方にあった漁船が夜間に北に向かった場合、NLLに近接した地点に達しなければこれを探知できない弱点が露出した。軍がこれを把握して出動した時はすでに手遅れだった。

脱北者がジンフン3号を盗んで延坪島のダンソム船着き場を出発したのは3日午後10時33分ごろと推定された。彼は何の制止も受けずに延坪島東南側沿岸について北上した。船着き場でNLLまでは約3.4海里(6.12キロメートル)で近距離だった。ジンフン3号は時速13ノットの比較的速いスピードで移動した。海岸哨兵が肉眼で目撃したが、海上警察船なのか漁業管理船なのか識別が難しかったという。
脱北者、NLLをゆうゆうと越え…韓国軍出動も「ときすでに遅し」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP