주요 기사 바로가기

「人事惨事ドミノ…落馬サッカーチームできるほど」…韓国民主党が批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.25 10:45
0
朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の就任から1カ月(25日)を迎え、民主党の朴起春(パク・ギジュン)院内代表は「穴が開いた人事システムが表した人事惨事ドミノの1カ月」と酷評した。

民主党は24日、記者懇談会を開き、金容俊(キム・ヨンジュン、総理)・金鐘勲(キム・ジョンフン、未来部長官)・李東洽(イ・ドンフブ、憲法裁判所長)候補など人事聴聞過程で辞退した候補名を一人ずつ挙げながら、朴槿恵政権の人事システムを批判した。

朴起春院内代表は「落馬した候補6人と人選中に更迭された青瓦台(チョンワデ、大統領府)秘書官5人、突然辞退した崔大錫(チェ・テソク)引き継ぎ委員まで合わせれば、“落馬サッカーチーム”を作れるほど」と述べ、民政首席をはじめとする民政ラインの交代、大統領の対国民謝罪などを要求した。

卞在一(ビョン・ジェイル)政策委議長は「朴大統領の国政課題や政府人事過程からは、経済民主化が政策の優先順位という証拠が全く見られない」と述べた。朴起春代表も韓万守(ハン・マンス)公正取引委員長候補について、「財閥弁護士に公取委を任せたのは経済民主化放棄宣言と変わらない」と述べた。

民主党は政府組織法改正案が法案提出52日目に通過したことについても新政府に責任を転嫁した。朴起春代表は「交渉中ずっと青瓦台のブレーキとガイドラインにぶつかった。重要なモメンタムを浪費していなければ、新政権発足前に通過したはず」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP