주요 기사 바로가기

キーリゾルブ参加の米原子力潜水艦、訓練後に韓半島近隣に残留へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.12 09:44
0
北朝鮮の核脅威に対応してキーリゾルブ、トクスリ演習に参加した米国の原子力潜水艦が、訓練後にも韓半島近隣にしばらく残留することになった。韓米間の「核の傘」提供という従来の合意に基づくものだ。核の傘とは、核兵器を保有しない国が保有する同盟国の核戦力に依存し、敵国の核攻撃に対抗する概念。

韓国政府の関係者は11日、「北朝鮮が核攻撃をする場合、沖縄やグアムに駐留する米国の核兵器で報復できるが、時間がかかる状況を考えれば、韓半島近隣に核兵器を準備しておく必要がある」とし「韓米連合訓練に参加した武器を完全に撤収せず、しばらく残留させて北朝鮮の動きを注視することにした」と伝えた。

この関係者は「ひとまず4月末まで行われるトクスリ訓練が終わった後も韓米連合対潜訓練を実施し、米軍の核兵器搭載装備を残留させ、その後の日程をどうするかについては協議中」とし「どの装備を残すかについて米国側と議論中と聞いている」と付け加えた。

残留する装備と関連し、現段階では核弾頭搭載が可能な原子力潜水艦などが挙がっている。これを受け、北朝鮮が核兵器を使用する場合、核で報復する手段を確保することになった。これに先立ち北朝鮮は最近、「米軍が武力で威嚇すれば精密核兵器でソウルとワシントンを打撃する」と主張した。

韓米両国間でこうした協議が行われているのは、朴槿恵(パク・クネ)大統領の意志も作用した。朴大統領は就任前に米国特使を通じて、核手段で北核に対応する必要性を米国側に伝えたという。これに関し軍関係者は「先月12日の北朝鮮の3度目の核実験後、韓国も核を保有すべきだという指摘が出ている」と紹介し、「核の直接保有、戦術核の導入、米軍の核の傘などのいくつかの案が議論される中で、米国を活用するのが最も現実的だという意見で歩み寄った」と伝えた。

北朝鮮の核開発で事実上、非核化宣言が有名無実化したが、韓国は非核化原則を守りながらも北朝鮮に圧力を加える最善の手段として核の傘を選択したという説明だ。キム・テウ元統一研究院長は「非核化宣言を議論した当時、北朝鮮は米国の装備が核兵器を載せた場合、韓国の港に停泊するのはもちろん、韓国に接近すること自体に反対したが(宣言文からは)結局除かれた」とし「核兵器が通関されたり陸地に入ったりしない限り、非核化宣言には背かない」と説明した。

一方、朴槿恵大統領はこの日、初めて国務会議を開き、「北朝鮮の挑発に強力に対応するべきだが、韓半島信頼プロセスを作動させる努力もやめてはならない」と強調した。北朝鮮は各種声名で主張したように、11日午前から板門店(パンムンジョム)に設置された南北、朝米間の通話に応じていない。

◇核の傘(nuclear umbrella)

核兵器を保有する国が核を保有しない同盟国に核電力を提供することで、敵国から核脅威を受けないようにするという概念。以前は核戦争力で敵国の核を抑止するという立場だったが、最近は核攻撃を事前に防ぐために通常兵器も動員するという拡張抑止(extended deterrence)概念に発展した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP