주요 기사 바로가기

韓国軍首脳部「北朝鮮に核攻撃の徴候あれば先制打撃」

ⓒ 中央日報日本語版2013.02.07 15:06
0
鄭承兆(チョン・スンジョ)合同参謀本部議長は6日、国会国防委全体会議で、北朝鮮が核攻撃をする徴候がある場合、戦争を甘受してでも先制打撃するという強硬立場を明らかにした。

鄭議長は「北朝鮮が核兵器を利用して韓国を攻撃する明確な徴候がある場合は、それを受けて戦争をするよりも、事前に除去することが、戦争が起きるとしてもより重要であるため、先制打撃をする考え」と述べた。

韓国メディアは、北朝鮮の3度目の核実験が迫った状況で、北朝鮮に対する軍当局者の強い警告性メッセージが込められている、と分析した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP