주요 기사 바로가기

<ゴルフ>韓米日の賞金王が韓国チームに…韓日女子対抗戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.29 15:16
0
女子ゴルフドリームチームが釜山(プサン)に現れる。 韓国・米国・日本の女子ゴルフ賞金王が韓国代表チームに含まれた。12月1日に釜山ベイサイドゴルフクラブで開幕するKB金融カップ第11回韓日女子プロゴルフ対抗戦が舞台だ。

韓日女子プロゴルフ対抗戦は、米国と欧州の女子ゴルフ対抗戦「ソルハイムカップ」をモデルにして99年に始まった大会。 ソルハイムカップとは違って賞金(8億ウォン)はあるが、お金よりもプライドの対決だ。 すべての韓日戦がそうであるように、選手には期待とプレッシャーがある。 勝って当然、負ければマイナスだ。

歴代の韓日戦で韓国は5勝3敗2分けとリードしている。 しかし99年の初大会からこれまでの開催は10回と、その間、紆余曲折も多かった。 01年には米同時多発テロで大会が中止となり、05年と08年には大雪で勝負を決められず引き分け処理された。 10年と11年は不況のため大会が開催されなかった。

3年ぶりに再開される韓日戦であるだけに、韓国チームは13人の代表選手選抜に力を注いだ。 今季の韓国・米国・日本賞金王のキム・ハヌル(24、BCカード)、朴仁妃(パク・インビ、24)、全美貞(チョン・ミジョン、30、真露ジャパン)を軸に、崔羅蓮(チェ・ナヨン、25、SKテレコム)、申智愛(シン・ジエ、24、未来アセット)、柳簫然(ユ・ソヨン、22、ハンファ)らが太極マークをつける。 歴代の韓日戦史上、最強のラインアップという評価だ。 韓国で開催されるという利点もある。

これに対し日本は今季日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金ランキング5位の佐伯美貴(25)、7位の森田理香子(22)、10位の服部真夕(24)が主軸で、韓国に比べて戦力が落ちるという評価を受けている。

もちろん変数はある。 これまでの大会は1人ずつ対戦するシングルマッチプレーストロークだけで行われたが、今年は2選手が1球を交代で打つフォアサムと、2選手が各自のボールを打ってよいスコアを採用するフォアボール方式の6競技が追加される。 チームマッチプレーの性格が加わっただけに、戦力優位だけで楽勝を予想することはできない。

ゴルフ専門チャンネルJゴルフが初日のフォアサム、フォアボール競技と、2日目のシングルマッチプレーストローク競技を昼12時から生中継する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴルフ>韓米日の賞金王が韓国チームに…韓日女子対抗戦

    2012.11.29 15:16
    뉴스 메뉴 보기
    左からKLPGA賞金王のキム・ハヌル、LPGA賞金王の朴仁妃(パク・インビ)、JLPGA賞金王の全美貞(チョン・ミジョン)。
    TOP