주요 기사 바로가기

<ゴルフ>ミーナ・リー、宮里藍に届かず準優勝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.23 11:52
0
女子ゴルフ世界ランキング8位の宮里藍(27、日本)の身長は155センチ。LPGAツアーで体格が最も小さいグループに入る。今シーズン、宮里藍のドライブショットの平均距離は242ヤードで、選手全体のうち105位。ところが宮里は精巧なショットとショートゲームで距離の劣勢を挽回する代表的なゴルファーだ。

22日(日本時間)にハワイ州コオリナGC(パー72)で閉幕したLPGAロッテ選手権は、宮里のショートゲームが他の選手の長打力を圧倒した競技だった。宮里は強風の中でも安定したショートゲームを見せ、通算12アンダー、276で優勝した。今季初勝利、LPGA通算8勝目。

ミーナ・リー(ボルヴィック)が最後まで追ったが、宮里は最終日に2アンダーをマークし、2位グループの追撃を4打差でかわした。勝負どころでチップショットをホール近くにつけ、13番と15番では10メートルを超える距離のパットを沈めた。

06年にこのコースで開催されたフィールズオープンで優勝したミーナ・リーは、15番まで首位に並んでいたが、最後の18番でダブルボギーをたたき、結局2位タイ(8アンダー)で大会を終えた。ミーナ・リーは「このコースに来ると心が落ち着く。6年ぶりの優勝を狙ったが運が伴わなかった」と語った。

ユ・ソヨン(ハンファ)が7アンダーで4位タイ、申智愛(シン・ジエ、未来アセット)は5アンダーで7位タイとなり、3人の韓国選手がトップ10に入った。世界ランキング1位のヤニ・ツェン(台湾)は10位タイで大会を終え、今季7大会ですべてトップ10(優勝3回)に入る粘り強いゴルフを見せた。

先週のKLPGAツアー、ロッテマート女子オープンで優勝したアマチュアのキム・ヒョジュ(デウォン女子高2)は自分の力を出し切った。キム・ヒョジュは最終日2アンダーで、通算3アンダーの12位タイに入った。キム・ヒョジュは「有名な外国のプロ選手らと一緒にラウンドしたが、全く緊張することはなかった」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴルフ>ミーナ・リー、宮里藍に届かず準優勝

    2012.04.23 11:52
    뉴스 메뉴 보기
    ミーナ・リー。
    TOP