주요 기사 바로가기

日本企業、韓国製ゴルフボール輸入を保留(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.23 10:28
0
独島(ドクト、日本名・竹島)をめぐる韓日間の対立で、両国の企業が緊張している。集団的な不買運動に事態が発展しないか心配しているからだ。すでに国内企業の輸出がふさがり、日本企業が韓国代表の後援を中断するなど、企業活動が委縮する兆しが表れている。

カラーゴルフボール生産会社ボルビックは600万ドル(67億ウォン)の輸出契約を締結した日本スポーツ用品流通会社から今週初め、「輸入を暫定保留する」という通知を受けた。同社のムン・ギョンアン会長は22日、「日本の会社が輸入しても売る自信がなく、自社のイメージまで悪化するおそれがあるといって取引を保留してきた」と明らかにした。ムン会長は「独島の葛藤はいつ解消するか分からないので、事実上、輸出が中断されたのではないだろうか」と語った。

韓国トヨタは韓国五輪サッカー代表チームを後援してきたが、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問直後、支援活動を中断した。また新車発表を来月に控えて大々的なマーケティングを計画してきた韓国日産は、状況を見守っていくと慎重な態度に変わった。

日本に進出した韓国飲食品会社は現地マーケティング活動を自制している。コチュジャン(唐辛子味噌)と紅酢(ホンチョ)を日本に輸出している大象(デサン)は、当分は新製品の発売やマーケティング活動を保留することにした。匿名を求めた大象の関係者は「日本国内のバイヤーと毎日連絡を取りながら状況に注視している」とし「日本の消費者が韓国製品に対して非常に鋭敏になっているので、積極的なマーケティングはしないことにした」と説明した。

日本で辛ラーメン新製品「レッド&ブラック」を発表する予定の農心(ノンシム)は今月末、大規模なアイドルグループイベントを控えているため心配している。農心の関係者は「東京で予定通りに公演とプロモーションを行う計画」とし「しかし状況がどう変わるか分からないので、毎日、現地の状況をチェックしている」と伝えた。
日本企業、韓国製ゴルフボール輸入を保留(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本企業、韓国製ゴルフボール輸入を保留(1)

    2012.08.23 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    日本は韓国の2大交易国。
    TOP