주요 기사 바로가기

【コラム】ユニークな韓国のゴルフゲームルール(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.28 17:27
0
韓国人のゴルフ好きは広く知られている。 韓国に来てみると、ゴルフが韓国人の生活に深く根付いていることが分かった。 筆者がメキシコで通っていたゴルフ場には51カ国から来た750人の会員がいた。 このうち10人が韓国人だった。 しかし他の会員たちは韓国人は友好的でないと感じていた。 韓国人はいつも一緒に到着し、自分たちだけでラウンドをした。 その後も韓国人同士で食事をし、一緒に帰っていく。 人が1、2人足りなくても、他国出身の会員と同じチームになることを望まなかった。

韓国で韓国人とゴルフをしてみると、韓国人のこうした行動が慣習や文化に基づくものであることを知った。 韓国人は間違いなく他国の人たちと同じように親切だ。 不必要な誤解を減らすために、韓国と他国でのゴルフはどう違うのか話しておく必要がありそうだ。

韓国に赴任する前、筆者の生活でゴルフがこれほど大きな比重を占めたことはなかった。 韓国でゴルフを始めながら、過去の欧州・米国・南米でのプレーとはあまりにも違うことに驚いた。 韓国でゴルフは外国と同じゲームだが、違う意味を持っているようだ。

まず、ゴルフ場の意味が違う。 韓国のゴルフ場は予約ゼロで運営され、会員は一緒にラウンドする3人のパートナーを招待できる。 したがってゴルフ場の他の会員については知らず、他の会員と一緒にラウンドをすることもない。 一方、外国のゴルフ場は、スポーツを楽しむだけでなく、社交の場としても活用される。 筆者の場合、同じコミュニティーの会員として連帯感を抱こうとゴルフクラブに加入した。 会員になれば個人ロッカーに所持品を保管し、午後にはフィールド、ピッチング練習場やパット練習場で子どもにゴルフを教えることができ、一緒にプレーすることもできる。 一人でゴルフ場に行けば、人が足りないチームで一緒にラウンドをしたり、ゴルフ場が開催するゴルフトーナメントに参加し、新しい友人と交流できる。 ラウンドが終われば競技に参加した人たちは18番ホールのバーで飲料を飲みながら、一緒にカードゲームなどを楽しむ。 そして家族に会いに家やクラブのレストランに向かう。


【コラム】ユニークな韓国のゴルフゲームルール(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP