주요 기사 바로가기

中国の国防費が11年で4倍に…韓日も急増で軍備競争過熱(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.17 10:56
0
報告書によると中国の国防費は2005年に日本を上回り、現在世界で中国より国防費支出が多い国は今年の国防予算が6700億ドルの米国が唯一だ。

日本は2000年の400億ドルから2011年582億ドルで45.5%増え、インドは同じ期間47.6%増加した。韓国は2000年の170億ドルから2011年に290億ドルと70.6%増え増加率では中国の次に高かった。軍人1人当たり費用(給与、訓練、装備など)は日本が2011年基準で23万8000ドルで最も多かった。

デビッド・バートCSIS国際安保プログラム局長は「この10年間年に平均13.4%の増加率を記録した中国のためにアジア地域の国の国防費支出はますます増加している。韓国と日本の場合、最近になって高性能戦闘機を買い入れている」と話した。

報告書は欧州諸国の国防費支出が減り続けており、今年は初めてアジア諸国より少なくなると予想した。また、アジア太平洋地域で広がっている海上領土紛争が軍事費支出を加速させかねないとの見方を明らかにした。


中国の国防費が11年で4倍に…韓日も急増で軍備競争過熱(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP