주요 기사 바로가기

米国防長官、中国国防相との“第1次戦”は所得なし

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.19 09:13
0
「酔翁之意不在酒(酔翁の意は酒にあらず)」。17日に中国・北京に到着したパネッタ米国防長官に対する中国メディアの反応だ。米国は尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日中領土紛争の平和的解決を望むというが、本心は中国牽制にあるという意味だ。

パネッタ長官は18日、梁光烈中国国防相に会った。新華社通信など中国メディアによると、梁光烈国防相はパネッタ長官に対し、米国が前日に日本と合意したミサイル防衛(MD)用高性能レーダー基地の追加設置について釈明を要求したという。

パネッタ長官が「米国本土を脅かす北朝鮮の弾道ミサイルに対処するため」と説明すると、梁国防相は「(北朝鮮ミサイルへの対処なら)06年に青森県に設置した基地で十分ではないのか」と問い返した。中国を狙った措置ではないかとの不満をう回的に表したのだ。

梁国防相は「米国が日中間の平和的解決を望むのなら、領土紛争不介入の原則を守るべきだ」と強調した。パネッタ長官は「(訪中期間中)日中領土紛争の仲裁者になることを望む。米中が信頼に基づいた軍事関係を持続的に構築していこう」と提案し、梁国防相も同意した。

しかし共同記者会見ではまた緊張感が漂った。梁国防相は「中国は釣魚島領土紛争について“追加措置(further action)”を取る権利がある」と主張した。「武力を動員するのか」という質問に対しては、「もちろん平和的かつ外交的な解決を望む」と一歩後退した。

パネッタ長官は「日中両国に平静と自制を求める」とし「外交的かつ平和的な方法で問題を解決するために、双方がコミュニケーションチャンネルを開いておく必要がある」と強調した。パネッタ長官は19日、習近平国家副主席に会い、日中領土紛争を含む両国懸案を議論する。

軍事評論家の尹卓海軍少将は「パネッタ長官は釣魚島領土紛争を仲裁するために中国を訪れたが、立場の違いが大きく、米国が中国牽制措置を取っているため、実質的な合意を導き出すのは容易でないだろう」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP