주요 기사 바로가기

<サムスンvsアップル>サムスンが社員に初の公知文「正々堂々と競争せずに…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.28 09:36
0
サムスン電子は27日、アップルとの米国での特許訴訟と関連し、「正々堂々と競争せずに法廷で競争会社を押さえて成長を持続した事例はない」との立場を出した。社内メディア「サムスン電子ライブ」とグループメディア「メディアサムスン」に掲載された「アップル訴訟米裁判所陪審員評決に対して申し上げる」という公知文を通じてだ。サムスン電子がアップルとの訴訟に関し社員に公知文を出したのは初めて。

公知文でサムスン電子は「同一の事案に対して英国、オランダ、ドイツ、韓国の裁判所はわれわれがアップルのデザインを模倣しなかったと判決しただけでなく、われわれの標準特許も一部認めた。判事の最終判決が残っておりその後もさまざまな裁判過程が残っているのでわれわれの主張が受け入れられるよう最善を尽くして対応する」と明らかにした。「市場と消費者は訴訟ではなく革新を指向する会社の手を上げると堅く信じている」として社員を督励することもした。

この日サムスン電子の株価は7.45%下がった118万ウォンで取引を終えた。サムスン電子の株価が110万ウォン台に落ちたのは先月27日以来。これに対しLG電子の株価は2.83%上がった。有進(ユジン)投資証券のクァク・ビョンリョル研究員は「サムスンとアップルの特許訴訟の結果、サムスン電子に対する回避現象が強くなるだろう。アップルへの納品比率が相対的に高いLGグループ関連株が代替需要を吸収する見通しだ」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP