주요 기사 바로가기

<サムスンvsアップル>「核戦争をする」ジョブズの宣言、最終目標は賠償金でなく…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.27 17:16
0
「核戦争をする」。アップル創業者の故スティーブ・ジョブズが死去(昨年10月5日)する1カ月ほど前に述べた言葉だ。 ジョブズが戦争をすると述べた相手はグーグルのモバイル運営体制アンドロイドだった。 ジョブズは「それを破壊するのに必要なら、私の最後の息までも捧げる」とまで述べた。

当時、ジョブズはアンドロイドを捕らえようとグーグルを相手に1年以上も特許訴訟をしていた。 ジョブズは戦争をずっと拡大しているところだった。 アンドロイドフォンの代表メーカーであるサムスン電子や台湾HTCがその対象だった。

ジョブズの宣言は本人の死去後、アップルのドクトリンとなった。 後継者のティム・クック・アップル最高経営責任者(CEO)がそのドクトリンに基づき、「非妥協的な訴訟戦」を維持した。 アップルとサムスンが米裁判所の勧告により、今回の評決直前に対話をしたものの、妥協がなかった理由だ。マイク・ロイド米特許訴訟専門弁護士は26日、ロイター通信のインタビューで、「ジョブズの言葉から、アップルがサムスン電子との特許訴訟で今後どんな戦略を駆使するかを予想できる」と述べた。 それはサムスン、HTCなどを市場の外に押し出そうという戦略だ。 アップルの立場で見ると、賠償金10億4934万ドル(約1兆1910億ウォン)は眼中にもないと見なければならない。 「ティム・クックが得た評決は半分の勝利にしかならない」とブルームバーグが評価した理由だ。

残りの半分は販売差し止め訴訟での勝利だ。 アップルはすでにサムスンのギャラクシーS3、ギャラクシータブ10.1などを世界最大の米国市場で販売できないようにする訴訟を起こした。 これから本当の戦いだ。 カリフォルニア北部連邦地裁が9月20日に審理を始める。 その結果しだいで、サムスン電子だけでなくアンドロイドの命運が決まるかもしれない。 アンドロイド陣営も守勢には回らない。 グーグルなどは「アップルが特許権を侵害した」と対抗して訴訟を起こした状態だ。 グーグルも単に金銭的な賠償を要求しなかった。 アップルのiPhone、iPadなどの販売を差し止める訴訟を起こした。

今回の争いは、特許訴訟の歴史で新しい現象に挙げられる。 マーク・レムリー・スタンフォード大教授(法学)は最近、あるインタビューで、「伝統的な特許訴訟は使用料を受けるためのものだった」とし「そのような訴訟では相手がうまくビジネスをしてこそ、訴訟を起こした側も利益(使用料)を得る」と説明した。 一方、アップル、グーグル、サムスン電子などが現在に繰り広げている訴訟は、「相手を市場から追放するための戦略で、非常に破壊的」とレムリー教授は指摘した。 ITコラムニストのウェイン・レッシュ氏は「特許戦争が‘相互確証破壊(MAD=Mutual Assured Destruction)につながる可能性もある」と懸念した。 その結果は開放・相互依存を土台に成長してきたIT生態系の崩壊となるかもしれない。

LAタイムズは「アップルやグーグルが革新を通じた競争に限界を感じ、防御レベルで相手を攻撃しているというのがIT専門家の見解」と伝えた。

◆相互確証破壊(MAD)=1950年代末以降、米国がソ連と核兵器競争で駆使した戦略。核戦争が発生すれば誰も生き残れないという恐れを抱かせ、核戦争を抑止するというものだった。 しかし最近のIT世界では、特許戦争が敵と我軍を確実に破壊する結果につながるおそれがあるという懸念を表現する用語として使われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サムスンvsアップル>「核戦争をする」ジョブズの宣言、最終目標は賠償金でなく…

    2012.08.27 17:16
    뉴스 메뉴 보기
    アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ。
    TOP