주요 기사 바로가기

「北ロケット、韓日中で共同対応を」…韓日中賢人会議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.16 18:14
0
韓国・中国・日本3カ国の各界著名人で構成された「韓日中賢人会議」の第7回会議が15日、ソウル新羅(シンラ)ホテルで開かれた。 今年のテーマは「世界経済の不確実性と韓日中3カ国の協力」。 この日の歓迎晩さん会から2日間の日程で開かれる今年の会議には、韓国の李洪九(イ・ホング)元総理、日本の福田康夫元首相、中国の曽培炎元副首相をはじめとする3カ国の代表団が出席する。

15日に開かれた歓迎晩さん会に出席した金滉植総理は祝辞で「世界経済発展の中心軸が米国・欧州からアジア、特に東アジアに移って久しい」とし「世界経済規模2、3位を争う中国と日本、そして新たに経済先進国に浮上している韓国が集まっている北東アジア地域が、世界の平和と共栄に寄与しなければならない」と述べた。 また金総理は北朝鮮のロケット発射に言及し、「北朝鮮は得るものがなく、さらに孤立するだろう」とし「繰り返される北朝鮮の無謀な行為を防ぐため、韓日中3カ国の共同対応と緊密な協力がいつよりも重要な時期」と強調した。

洪錫炫中央日報会長は歓迎のあいさつで、「韓日中賢人会議が新しい時代精神を完成する成熟した段階に入った」とし「昨年は賢人会議で提案した韓日中協力事務局が創設されて稼働に入り、韓日中首脳会議の定例化や共通標準研究など、この会議で提議した内容が政策に反映された」と紹介した。 続いて「3カ国が共通のアイデンティティーを作り、人類の繁栄と平和のために協力できるように知恵を集めよう」と呼びかけた。

日本経済新聞の平田保雄会長は祝辞で、「靖国神社参拝問題をめぐり政府間の交流がほとんど断絶した06年に、3カ国の交流活性化のために作られた場が韓日中賢人会議」とし「あすの本会議で地震などの災害だけでなく、各国の共通課題、脅威に対して共同で対応できるシステムの準備について議論が行われることを望む」と述べた。

この日の晩さん会では特別イベントとして、3カ国を代表する伝統衣装専門家のファッションショーが開かれた。 韓服デザイナーのイ・ヨンヒ氏、日本きもの研究家の河田満智子氏、中国北京服装学院の王チ院長の作品が順に登場した。 特に2300年前の中国戦国時代と前漢時代の服を復元した4億ウォンの衣装、1200年前の平安時代の衣装を復元したきものが目を引いた。

韓日中賢人会議は16日午前、3カ国の共同繁栄について全体会議を開いた後、午後には▽金融・貿易▽環境・エネルギー▽文化・教育--の3分科に分かれて討論をする。 この席でグローバル経済危機の解決に向けた3カ国協力案、韓日中自由貿易協定(FTA)、原子力発電の未来、韓流・日流・華流など文化交流活性化案も議論する予定だ。

◇韓日中賢人会議=中央日報・中国国営新華社通信・日本経済新聞の共同発議で発足した民間会議機構。 韓日中3カ国の経済・教育・文化など各界の著名人30人で構成され、3カ国が順に毎年1回ずつ会議を開催する。 来年の会議は日本で開かれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北ロケット、韓日中で共同対応を」…韓日中賢人会議

    2012.04.16 18:14
    뉴스 메뉴 보기
    韓日中賢人会議の歓迎晩さん会が15日、ソウル新羅ホテル迎賓館で開かれた。 今回の会議のテーマは「世界経済の不確実性と韓日中3カ国の協力」だ。 テーブルの左から李従軍中国国営新華社通信社長、洪錫?(ホン・ソクヒョン)中央日報会長、金滉植(キム・ファンシク)国務総理、福田康夫元日本首相、李洪九(イ・ホング)元国務総理。
    TOP