주요 기사 바로가기

【コラム】韓国式経営が世界で通じない理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.29 10:03
0
現在私たちの会社では専門講師を招き多様性を尊重し協力を引き出すことができるコミュニケーション法を教育している。疎通と共感が多様性の尊重と融合型人材育成に必須の要素と考えたためだ。これとともに技術を重視する左脳的思考に加え、人文学的素養を兼備した人材の必要性を痛感した。

さらに進んで多様性の尊重に基づいたビジネス成功事例を共有しながら社員自らがその重要性をより一層共感し発展させていかなければならない課題として認識するようにした。現在多様な構成員が参加して直接作り出すプログラムが進行している。

その結果、小さな変化が集まって大きな進展を成し遂げている。金融危機と経済沈滞の波風の中で低い離職率と持続的な成長を続けているところだ。韓国企業はもちろん中小企業も次第に世界へ伸びていくいま、海外市場の分析とともにその地域の文化に対する徹底した研究と理解が必要な時と考える。

重要なのは「多様性の尊重と融合」は単純にスローガン水準でできるものではないということだ。リーダーの強い意志と全社的次元での実行なしでは不可能で、社員個々人のマインド変化を基にこうした変化が集まってひとつの強力な企業文化として形成される時に初めて可能だ。

チャン・ギチョル韓国ストライカー代表
【コラム】韓国式経営が世界で通じない理由(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP