주요 기사 바로가기

ソニーが外国人経営実験終える…改革の刀抜くか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.02 11:59
0
ソニーがついに最高経営責任者(CEO)を変えることにした。ソニーは1日、平井一夫副社長を社長に昇進させCEOに選任した。

ソニー理事会は「変化と成長を成功的に推進するため最高経営陣を改編することにした。デジタル家電部門で立派な成果を上げた平井副社長を昇進させる」と発表した。交替は4月1日付だ。

この日の決定で2005年6月から6年半にわたり「ソニー帝国」を率いたハワード・ストリンガー氏はCEOから退くことになった。代わりに6月の株主総会で名誉職に近い会長だけ務めることにした。彼はソニー初めての外国人CEOだった。当時ソニーは改革次元からストリンガー氏に経営を任せた。

ストリンガー氏はCEO選任後に組織のスリム化を断行した。それまでソニーはテレビ、デジタルカメラ、パソコン、携帯音楽プレーヤーの4部門とゲーム子会社のソニーコンピューターエンターテインメント(SCE)を別に置く体制で運営されてきた。各部門のトップは封建領主のように独立的な権限を行使した。ストリンガー氏はこれを消費財部門(テレビ・デジタルカメラ)とネットワーク&サービス部門(PC・携帯音楽プレーヤー・ゲーム)の2グループに簡素化し、自身が直接事業部門を掌握した。直轄体制の構築だった。世界各地にある生産施設60カ所余りのうち11カ所を廃止した。従業員2万人余りを解雇した。終身雇用システムに対する手術だった。

しかしストリンガー氏の改革にもソニーの地位はアップルやサムスンに押された。さらに昨年4月にはソニーのゲーム機のプレイステーションのネットワークがハッカーの攻撃を受け顧客情報が流出し、ストリンガー氏のリーダーシップは揺れ始めた。
ソニーが外国人経営実験終える…改革の刀抜くか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソニーが外国人経営実験終える…改革の刀抜くか(1)

    2012.02.02 11:59
    뉴스 메뉴 보기
    平井一夫ソニー副社長が1日に最高経営責任者に選任された。彼は「ソニーのスティーブ・ジョブズ」と呼ばれる。
    TOP