주요 기사 바로가기

太陽光無人航空機 12時間連続飛行に成功…韓国初

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.14 15:07
0
季節に関係なく12時間以上の連続飛行が可能な太陽光無人航空機(写真)が韓国で初めて開発された。

韓国航空大学の研究チームは13日、「昼の時間が短い冬でも、太陽光無人航空機を12時間以上連続で飛行させるのに成功した」と明らかにした。

12時間連続飛行に成功した無人航空機は翼幅3.6メートル、重量3キロ。 連続飛行が可能なのは、翼に設置されたシリコン材質の太陽電池を通して昼の飛行中に吸収した太陽光をリチウムイオンバッテリーに充電し、夜にも運航できるからだ。 燃料がなくなれば戻るしかない従来の無人航空機とは違う。

しかし飛行高度は200-400メートルにしかならず、航空分野の先進国の技術レベルには達しなかった。 現在の世界最長時間飛行記録は英民間会社の14日連続飛行(高度15-20キロ)。 航空大学は長期的に、高度15-20キロで飛行しながら低軌道人工衛星の機能をする無人航空機を開発する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    太陽光無人航空機 12時間連続飛行に成功…韓国初

    2012.02.14 15:07
    뉴스 메뉴 보기
    韓国で初めて開発された太陽光無人航空機。
    TOP