주요 기사 바로가기

中国、先端無人航空機52機公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.11 16:32
0



中国が先端監視機能を取り揃えた新型無人航空機52機を公開したと中国英字紙チャイナデイリーが10日報道した。中国航空学会と人民解放軍空軍、中国航空工業集団公司などは9日から3日間、北京で第3回中国無人航空機展示会を開き、軍用偵察機であるW-50型無人航空機、Z-3型ヘリコプターなど52機の無人航空機を観覧客たちにお披露目している。

W-50機種はカラーCCDカメラと赤外線センサー、デジタル撮影機など先端監視装備を搭載しており、展示に敵軍の地形把握と偽装術分析、打撃能力評価など軍事作戦を遂行することができる。専門家たちは「W-50の機種は人民解放軍各部隊に実践配置されている」とし「中国軍の戦闘力強化に大きく役立つ」と述べた。

中国は最近、米軍が南シナ海、東シナ海など自国の領海で監視を強化していることに刺激受け、本格的に無人偵察機開発に入ったという。

一方、北京市政府は周辺山岳地域のアヘン用虞美人草栽培を根絶するため、無人偵察機を使う予定だと官営メディア環球時報が最近報道した。




【今日のイチオシ記事】
・「離陸137秒後、ロケット搭載カメラの映像が突然明るく」
・羅老号、昨年1次打ち上げ時より惨憺たる結果…落胆する国民
・警察、緊急手術要する性暴行被害少女を手術させず現場に
・「北の半潜水艇」→「鳥の群れ」上部に変更報告を指示
・燃料調節失敗? 配管から燃料漏れ? 海に落ちた「5000億ウォンの宇宙の夢」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、先端無人航空機52機公開

    2010.06.11 16:32
    뉴스 메뉴 보기
    TOP