주요 기사 바로가기

最下位でも最後まで信じる…孫正義のチャンピオンリーダーシップ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.22 11:48
0
20日夜、孫正義ソフトバンク会長(54)のツイッターに「出来ました。ホークス優勝!ファンの皆様に感謝して日本一」というコメントが登場した。この日、孫会長が球団オーナーのプロ野球球団ソフトバンク・ホークスが日本シリーズで優勝したのだ。

強豪の中日ドラゴンズと3勝3敗の接戦を繰り広げた末、第7戦を3-0で物にした。ダイエー・ホークスという名前で優勝した03年以来8年ぶりで、05年にソフトバンクになってからは初めて。

ソフトバンク球団は06年、当時の監督だった王貞治現球団会長が胃がん闘病を始めてから戦力が大きく落ちた。08年にはリーグ最下位になった。そのチームが3年で日本最高のチームに復活したことには、孫会長の格別なリーダーシップが大きく作用したという評価だ。

孫会長は球団を引き受けると、王監督を副社長として経営の全権を任せた。王監督ががん闘病を始めた時も変わりなく激励を送った。秋山幸二監督が就任した後も、王監督を球団会長に推戴する義理を見せた。これを通して団結と信頼を強めた。09年には相手チームの戦力を把握する専用アプリケーションを開発して提供した。ホークスはその年、パリーグ1位となり、再起の足場を固めた。

孫会長の「野球リーダーシップ」はチームの運営だけにとどまらない。ホークスは800余りの系列会社で構成されたソフトバンクグループの一体感を高める最適の道具だ。ソフトバンクコリアのムン・ギュハク代表は「20日に東京の東新橋にあるソフトバンク本社25階の職員食堂は、ホークスのロゴが入ったシャツを着た職員たちの歓声が響いた」と伝えた。

21日午後1時25分には全職員に孫会長のメールが届いた。孫会長は「全力を尽くして挑戦する人の真剣さが生み出す感動を、それを見た人が感じる勇気と笑顔を、インターネットというソフトバンクの最も自信がある領域で具現したい」という希望を明らかにした。また「同じ志を持った同僚と力を合わせて必ず成し遂げるという思いで仕事をすれば、実現できないことはない。ファイト」という言葉で結んだ。

野球の勝負を事業と連係しながら会社のビジョンを強調し、職員の信念を持った参加までも引き出したのだ。孫会長は今回の優勝をマーケティングの道具として最大限に活用する計画だ。すでにツイッターで「優勝セールに入る」と明らかにしている。ソフトバンクとしては最大の商戦となる年末年始にライバル企業を圧倒する武器を手にしたわけだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP