주요 기사 바로가기

ジョブズがいないアップル、日本ソフトバンクとの関係にも関心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.07 18:01
0
「スティーブ・ジョブズがいなければ、今のソフトバンクはなかった」。

5日に他界したジョブズ・アップル会長と日本の孫正義ソフトバンク社長の格別な関係が話題になっている。 日本メディアは6日、iPhoneを日本で独占販売しているソフトバンクとアップルの関係を紹介した。

孫社長は「芸術とテクノロジーを両立させた現代の天才。数百年後の人々は、レオナルド・ダビンチと並び称するだろう」とジョブズを哀悼した。

孫正義とジョブズの関係は7年前に遡る。 ソフトバンクが英ボーダフォン日本法人を買収する2年前の2004年当時、孫正義は携帯電話事業に参加することを決心した。 彼は当時、携帯音楽プレーヤー「iPod」を世界に流行させたジョブズに会った。 孫正義は単刀直入に「iPodは素晴らしい。 アイポッドのような新しい携帯電話をあなたなら作れる」と提案した。 にやりと笑ったジョブズは「詳しいことは言えないが、今考えているものがある」と答えた。 数年以内に革新的なスマートフォン「iPhone」が誕生することを示唆したのだ。

この対話をきっかけに2人は格別な関係に発展した。 08年にiPhoneが日本市場に上陸する当時、業界で最大の移動通信会社NTTドコモが独占販売権を獲得すると予想された。 しかしiPhoneは予想に反して独占販売権をソフトバンクに与えた。

iPhone発売とともにソフトバンクは勢いづいた。 06年にボーダフォンを買収して移動通信市場に一歩遅れて参入したソフトバンクは、iPhone独占販売権を武器に昨年度(2010年4月-2011年3月)1897億円の純益となった。 前年比96%増で、過去最大だ。

ジョブズと孫社長の信頼に基づいた蜜月はさらに深まった。 2人の親密な関係は昨年サンフランシスコで開かれたアップルの世界開発者会議(WWDC)でも見られた。 ジョブズは世界的な業界関係者が集まった行事場所で孫社長に真っ先にあいさつをし、基調講演が終わった後もiPhone4のテストルームに孫会長と一緒に登場して目を引いた。

しかしジョブズが8月に会社から退いた後、ソフトバンクとアップルの関係に変化が感知されている。 アップルはiPhone5の販売権をソフトバンクのほか、KDDIにも与えた。 ジョブズを引き継いだティム・クックCEO体制で、ソフトバンクとアップルの関係に関心が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ジョブズがいないアップル、日本ソフトバンクとの関係にも関心

    2011.10.07 18:01
    뉴스 메뉴 보기
    日本の孫正義ソフトバンク社長(写真左)と5日に他界したジョブズ・アップル会長。
    TOP