주요 기사 바로가기

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(25)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.04 17:57
0
私は華やかな40代初めを過ごした。19歳の時に計画した「1兆円、2兆円規模の大きな勝負をする」という目標を早期に達成したということだ。私の抱負を妄想家のたわごとのように聞いていた人たちもその時は拍手を送ってくれた。1999年、ソフトバンクは子会社10社余り、120以上の孫会社を抱える大グループになった。

ヤフーをはじめ、クリック数が世界1、4、9、12位のサイトが私たちの所有だった。世界インターネットトラフィックの50%がここで発生した。毎月130種、900万部の雑誌を印刷した。株価が上がっている時は、財産が1週間に1兆ウォンずつ増えた。その年、タイムとニューズウイークは私を「今年のアジア人物」に選んだ。

ところが翌年3月に天が崩れ落ちた。「ドットコムバブル」が一瞬にしてはじけてしまったのだ。1株1200万円のソフトバンクの株価は100分の1になった。私の財産も700億ドルから10億ドル未満に落ちた。

IT企業家は突然、犯罪者扱いされた。アップルのスティーブ・ジョブズ、ヤフーのジェリー・ヤン、アマゾンのジェフ・ベゾス創業者も似ていた。数カ月前まで「お金は面倒だ」という思うほどだったが、いつの間にか負債が財産を上回っていた。しかしそうであるほどまた戦闘力が沸き上がってきた。私は99年、すでに株主にこういう話をしていた。

「今からインターネット事業にオールインする。その他の事業はすべて整理する。電話・コンピューターがそうだったように、登場5、6年で黒字が出る新事業はない。私たちもしばらく赤字を覚悟しなければいけない」。
【特集】<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(25)

    2011.11.04 17:57
    뉴스 메뉴 보기
    孫正義会長が04年10月、東京証券取引所で、超高速インターネット事業の子会社「ヤフーBB」の上半期の実績を発表している。(写真提供=ブルームバーグ)
    TOP