주요 기사 바로가기

【中央時評】孫正義経営の真正性(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.23 11:24
0
21日、ソフトバンクの孫正義会長が11年ぶりに韓国で記者懇談会を開いた。300年先を眺めながら30年の計画を立てる孫氏の発表内容も立派だが、孫氏の講義が胸に響くのは彼の言葉と行動に見られる‘真正性’のためだ。よく知られているように孫氏は韓国系日本人だ。日本では幼い頃から「朝鮮人」と呼ばれながら差別を受けてきたし、こうした差別が存在する国であるため多くの在日同胞が韓国系ということを隠しながら生きてきた。

しかし孫氏はこうした事実を隠すどころか、多くの人に自分のアイデンティティーを堂々と話す。2010年6月にあったソフトバンクの今後30年のビジョン発表会では、幼かった頃に祖母と日本生活を始め、「在日」というレッテルを持って暮らした自分の話を多くの株主にしながら、非常に感動的な舞台を作った。この映像を見ながら筆者も本当にどれほど涙を流したか分からない。孫氏の真正性は、単に企業の実績や指導者のカリスマ、職員に対する言葉や待遇などで得られたわけではない。自分に対する真正性と人間としての強烈な共感帯を土台にした新しい類型のリーダーシップだ。孫氏が考える未来のビジョンを信じて、真正性を受け入れる組織構成員は、非常に大きな力を発揮することになるだろう。

では「真正性」とは何だろうか。基本的に真正性というのは当事者が決められることではない。真正性は他の人がその人または集団を見て評価するものだ。したがっていくら自分または企業が「私たちは真正性を持っている」と話したところで効果はない。真正性は産業社会から出る製品のように簡単に作り出せない。集団の真正性は集団を引っ張っていくリーダーの内面的な自我が投影されるのだ。単純にいくつかの行動やイベントで見せられるものではない。偉大なリーダーはどんな個人的な特性をいつ誰に見せなければならないかをよく知っている。リーダーはいつも組織の構成員が自分のアイデンティティーを失わず、構成員が要求することに適切に対応できるよう柔軟に行動する。
孫正義経営の真正性(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP