주요 기사 바로가기

「第2のジョブズは孫正義」…ウォールストリートジャーナル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.11 11:44
0
ソフトバンクの孫正義社長が「ポストジョブズ」時代を導く革新者に挙げられた。ウォールストリートジャーナルは9日、スティーブ・ジョブスの死去後、彼がヘンリー・フォードとトーマス・エジソンの後に続いたように鋭い洞察力を持ったまた別の革新者が現れるとし、孫社長を主要候補の1人に選んだ。彼のたゆまぬ企業家精神と挑戦がジョブズに似ているとし、2008年にアップルを説得して日本の大手通信会社のNTTドコモを出し抜いてソフトバンクの「iPhone」発売を勝ち取ったことを例に挙げた。中国アリババのジャック・マー社長も「アジアのジョブズ」として注目された。

フェイスブック最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグは歩んできた道がジョブズに似ており「リトル・ジョブズ」に挙げられた。彼もジョブズのように大学を中退して創業家の道を選んだ。アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは「ジョブズに最も近くアップルに最も脅威的な人物」と評価された。彼はインターネット書店のアマゾンを電子製品、家具だけでなく映画・音楽コンテンツを流通する巨大オンライン業者に育てた。

ウォールストリートジャーナルは、「新しいジョブズ」がサプライズで登場する舞台としてはエネルギーと健康診療システム分野を注目した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「第2のジョブズは孫正義」…ウォールストリートジャーナル

    2011.10.11 11:44
    뉴스 메뉴 보기
    ソフトバンクの孫正義社長
    TOP