주요 기사 바로가기

Jobslessアップル…サムスンとの生死かけた‘チキンゲーム’終えるか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.07 10:15
0
皇帝がこの世を去った。情報技術(IT)業界をリードしてきたアップルの創業者スティーブ・ジョブズ(56)の死去が伝えられた6日(日本時間)以降、世界で哀悼の言葉が続いている。

特にアップルと特許戦争を繰り広げているサムスンとしてはさまざまな思いが交錯する。かつてジョブズは助言をやり取りするサムスンの同志だった。その後、最大顧客企業の首長となったが、死の直前には特許戦場で刃を交わす敵将に急変した。

サムスンはジョブズの他界とは関係なくアップル「強硬対応」方針は変わらないという立場だが、一部では両社が妥協側に向かうという噂も出てきている。マイクロソフト(MS)・グーグルなどグローバルIT企業も「ポストジョブズ(Post Jobs)」時代を迎え、動きが速まると予想される。

◇和解に向かう?=年初までサムスンに対するジョブズの態度は友好的だった。アップルはサムスン電子から昨年6兆1852億ウォン(約4000億円)、今年は8兆5000億ウォン相当の部品を購入する最大の顧客であり、サムスンとしては丁寧に対応するしかなかった。

ジョブズとサムスン家の縁は3代にまたがる。故李秉喆(イ・ビョンチョル)サムスン会長は1983年11月、ソウル太平路のサムスン本館でジョブズに会った。当時73歳だった李会長は28歳の若い事業家に会った後、「非常に素晴らしい技術を持った若者。今後IBMと対敵するほどの人物」と評価した。

アップルがサムスンの最大顧客に浮上すると、李健煕(イ・ゴンヒ)会長(69)もジョブズによく会うようになり、李在鎔(イ・ジェヨン)社長(43)もジョブズに会って友好関係を維持してきたという。

しかしこうした親善関係は今年4月から大きく変わった。アップルは米カリフォルニア州サンノゼ地裁に「サムスン電子のギャラクシーフォンとギャラクシータブがiPhoneのデザインを模倣した」として特許訴訟を起こした。その後、サムスンとアップルはIT業界で最大の‘敵対関係’になった。

崔志成(チェ・ジソン)副会長はこの日、「故人の創造的精神と優れた業績は永遠に忘れられないだろう」と哀悼した。しかしサムスン側は哀悼と法廷攻防は別の問題としている。にもかかわらず、両社は結局、和解の手を差し出すのではという観測も出ている。両社の訴訟戦が結果しだいでは、どちらか一方に致命的な打撃を与える‘チキンゲーム’様相に流れる公算が大きいという理由からだ。
Jobslessアップル…サムスンとの生死かけた‘チキンゲーム’終えるか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Jobslessアップル…サムスンとの生死かけた‘チキンゲーム’終えるか(1)

    2011.10.07 10:15
    뉴스 메뉴 보기
    1983年11月、故李秉?(イ・ビョンチョル)サムスン会長はソウル太平路(テピョンノ)サムスン本館で、当時28歳だったスティーブ・ジョブズに会った(写真=サムスン提供)。
    TOP