주요 기사 바로가기

「20世紀の韓国人5人に1人は海外移住」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.03 14:04
0
20世紀の韓国人は‘ふろ敷’を担いだ存在だった。日本の侵略と支配のため、知らないところに徴用され、強制移住させられた。当時海外に移住した韓国人は全体の17-20%にのぼる。解放の喜びもつかの間、韓国戦争(1950-53)は南へ、北へと避難民を追い込んだ。20世紀後半になっても移動する生活は終わらなかった。留学生、海外旅行、海外就職が急増した。この1世紀に5人に1人は国外に移住(離散)し、3人に1人が国内で移住(離散)した。

移住と離散のプリズムで振り返る韓国史はどんな風景か。4日にソウル高麗(コリョ)大で開幕する第54回「全国歴史学大会」が新しい歴史的な観点を提案する。「国境を越えて-移住と離散の歴史」というテーマで、日帝強占期の徴用と強制移住、韓国戦争中に発生した大量難民と離散家族問題、そして最近急増している脱北者・多文化家族・外国人移住労働者などを議論する。

「人間生活の本性が定着生活の拡大ではなく、移住・離散にあるという観点で、歴史を振り返ってみようと思う」(金炅賢歴史学大会長、高麗大)という趣旨だ。

◇世界史に類例ない移住=初日の基調講演で、鄭在貞(チョン・ジェジョン)東北アジア歴史財団理事長は20世紀初めの「北東アジア移住津波」に注目する。例えば満州居住韓国人は1910年は約20万2000人だったが、1942年には約151万2000人に増えた。日本居住韓国人も4000人(1913年)から210万人(1945年)に急増した。沿海州・中央アジア・サハリンなどにも数万から数十万人の韓国人が移住した。
「20世䦋の韓国人5人に1人は海外移住」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「20世紀の韓国人5人に1人は海外移住」(1)

    2011.11.03 14:04
    뉴스 메뉴 보기
    韓国人の20世紀は離散と移住の時期だった。激動の歳月の中で、多くの離別と再会が繰り返された。KBS(韓国放送公社)が1983年に生放送した離散家族捜し運動。
    TOP