주요 기사 바로가기

【社説】中国観光客の誘致、ソフトウェア整備をする時だ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.15 18:06
0
誘致戦略は団体観光から‘ターゲット観光’に転換する必要がある。 健康検診を兼ねた医療観光、上流層を狙ったカジノ観光、さらには主婦のための‘韓国厨房観光’も商品性がある。 中国企業・宝健のインセンティブ(褒賞)プログラムを狙った今回の観光団のように「インセンティブ市場」も注力すべき対象だ。

何よりも重要なのは「また来たい韓国」をつくることだ。 親切・秩序・清潔など「韓国に行けば学べる」という印象を与えて帰国させなければならない。 私たちの国格を高める道でもある。 中国人に対する漠然とした否定的なイメージは、せっかく転がり込んできた‘ドル箱’を私たち自らが拒否する格好となる。 中国観光客に対する認識の転換が求められる。

世界は今、中国人観光客を誘致するための‘戦争’を繰り広げている。 今回の誘致は韓国がその競争で勝てることを見せてくれた。 しかし油断は禁物だ。 私たちが十分に準備できなければ、今回の件は一過性のもので終わってしまう。 「さらに増えても心配」という問題が再び提起されないよう、当局と業界は環境の改善に万全を期する必要がある。
【社説】中国観光客の誘致、ソフトウェア整備をする時だ(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP