주요 기사 바로가기

中国人観光客のショッピング費用、日本人を上回る

ⓒ 中央日報日本語版2011.09.08 12:01
0
韓国を訪れる日本人・中国人観光客のショッピング品目に大きな差があることが分かった。

大韓商工会議所は8日、ハナツアーと共同で、韓国観光を終えて出国する日本人・中国人観光客300人を対象に「日中観光客ショッピング実態」を調べた。

その結果、中国人観光客の86.9%は「化粧品」を購入したことが分かった。次いで「韓薬」(61.5%)、「衣類」(60.7%)、「食料品」(54.9%)、「乾物」(50.8%)などの購入が多かった。これに対し日本人観光客の80.5%は韓国で海苔などの「乾物」を購入し、そのほか「化粧品」(75.8%)、「食料品」(55.8%)、「衣類」(55.8%)、「キムチ・醤油類」(50.6%)などが多かった(複数回答)。

商品選択の基準も違った。中国人観光客は「品質」(55.8%)、「ブランド」(33.3%)、「価格」(30.0%)などを優先的に考慮した半面、日本人観光客は「価格」(63.2%)、「ブランド」(36.8%)、「韓国的な商品」(27.9%)などを重視した。

ショッピング費用は中国人観光客が日本人観光客よりも多かった。ショッピング金額が1000ドルを超える中国人観光客は全体の32.3%であるのに対し、日本人観光客は4.2%とどまった。500ドル未満は中国人観光客が37.9%、日本人観光客は81.5%だった。

韓国でのショッピング満足度を尋ねた結果、中国人観光客の89.9%は「満足」と答え、「普通」は8.4%、「不満足」は1.7%だった。一方、日本人観光客は「普通」(54.5%)、「満足」(36.4%)、「不満足」(9.1%)の順となった。

ショッピング環境改善課題に両国の観光客は「ショッピングの便宜性」(51.7%)、「韓国的な商品の開発」(29.0%)、「価格競争力の強化」(23.9%)、「多様な商品開発」(19.3%)、「親切なサービス」(13.1%)、「品質およびデザインの改善」(10.8%)、「ショッピング施設の改善」(8.5%)などを指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP