주요 기사 바로가기

「グーグルでは72歳のエンジニアも現役…韓国では30代で現場離れる」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.05 16:47
0
--では韓国のエンジニアは年を取れば何をするのか。

「管理者となる。 この時から彼の競争力はコーディングの実力ではなく、親切さと誠実さになる。 顧客の好みに合わせてプロジェクトを獲得し、下請け企業を徹底的に管理しなければならないからだ。 もしエンジニアとしての血を抑えられず現場にこだわる場合、‘乞食’として暮らすことになる。 三星(サムスン)電子・LG電子はまだましだが、ほとんどの国内企業で開発者が上がれる地位は責任研究員程度だ」

--年功序列を重視する文化と関係があるのか。

「20代後半でシリコンバレーに初めて入った会社は私を除いてチーム員はすべて50歳代だった。 このうち70%が私より職級が低かったが、誰も気にしていなかった。 年齢別に長所・短所がある。 若いほどより熱情的で多くの時間を仕事に投与する。 しかしミスが多く、よく重要なことを逃す。 これを補完するのが経験豊富なエンジニアの役割だ。 これを理解できず『無条件に納期に合わせろ』と叫ぶ人は上級者として能力がない」

--グーグルでは上級者が反対するプロジェクトもよく進行されると聞くが。

「クロームノートブックの開発がその代表例だ。 当時、エリック・シュミット最高経営責任者(CEO)はこのプロジェクトに確信がなかった。 PCビジネスまで入り込むのはやめようと言った。 しかし担当開発チーム長がこだわって押し通した。 その間、韓国企業の発展を率いたのはオーナーの強力なリーダーシップだった。 しかしソフトウェアはむしろそういうことがあってはいけない。 現場エンジニアの感とアイデアを最優先すればビッグヒット作が出てくる」
「グーグルでは72歳のエンジニアも現役…韓国では30代で現場離れる」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP