주요 기사 바로가기

韓国政府、三星・LGと手を組んで韓国版アンドロイド製作へ

ⓒ 中央日報日本語版2011.08.23 09:44
0
韓国政府が韓国版アンドロイド共同開発に向けて三星(サムスン)電子とLG電子と手を組む。スマートフォンの基本ソフト(OS)として使われているアンドロイドがグーグルによるモトローラ買収で大きな変化が予想される中、韓国内の端末企業は開放型OS開発を模索し始めた。

知識経済部の金宰弘(キム・ジェホン)成長動力室長は22日、京畿道果川(キョンギド・クァチョン)で記者団に対して「グーグルのアンドロイド運営体制(OS)に対応する韓国型運営体制を、大手企業らと手を携えて共同コンソーシアムの形で推進する計画」だと明らかにした。

金室長は「グーグルのモトローラ買収による第3次IT革命の時期」だとし、「三星やLGなどもグーグルのこのような歩みに危機感を感じており、共同OS開発の必要性を感じている」と述べた。さらに「三星の独自型OSバダ(bada)も閉鎖的なため苦戦を強いられている」とし、「結局は誰もが使える韓国型共同OSの開発が必要だ」と 指摘した。

今回の第3次WBS(World Best Software)プロジェクトには三星・LGなどが参加し、KTやSKテレコムといった通信業者も対象になり得ると知識経済部は説明した。この他、韓国企業のみならず海外事業者も引き入れ、最大限多くの人々がOSを使えるようにする方針だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP