주요 기사 바로가기

グーグル社長、韓国2位のポータルサイトの高位幹部と極秘接触

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.22 09:17
0
世界最大の検索ポータル、グーグルのダニエル・アレグレ社長(アジア太平洋地域総括)が韓国ポータル2位のダウムコミュニケーションの筆頭株主のイ・ジェウン創業者と同社の代表理事と相次ぎ接触したことが確認されその背景に関心が集まっている。

グーグルのアレグレ社長は19日午後、ソウルのダウムコミュニケーション本社を極秘に訪問し、同社のチェ・セフン社長と非公開で1時間にわたり対話を交わした。

午後3時ごろにダウムを訪れたアレグレ社長は儀典なしで5階カフェテリア内のミーティングルームへ席を移しチェ社長と対座した。この席にはアレグレ社長に同行したグーグルの外国人社員が1人だけ同席した。グーグルコリアはアレグレ社長のダウム訪問日程について一切知らされていなかった。

ミーティングを終えたアレグレ社長は本紙記者に、「韓国の検索広告市場をはじめとするインターネット業界全般について意見を交わした」と話した。続けて「ダウムを含む韓国のポータル企業は競合とみるよりもパートナーだ。事業のシナジーを出すためなら誰とでも対話するだろう」と述べた。しかし具体的な提携策や訪問目的に付いては口をつぐんだ。ダウム関係者もまた、「業界の懸案について対話をしただけ」としながら言葉を控えた。しかしモバイル検索市場などで両社間の協力の可能性に対しては「(機会は)いつでも開いているのではないか」として余地を残した。前例もある。グーグルは2006年10月から3年間、ダウムのインターネット検索広告代理店だった。

業界では両社の最高幹部間の会談の主要議題としてモバイル広告プラットフォーム事業を挙げている。現在ダウムとグーグルはそれぞれ「アダム」「アドモブ」という名称でモバイル広告プラットフォームを運営中だ。ダウムとグーグルが誘致した広告を各種アプリケーションに掲載し手数料を取る事業だ。ビジネスモデルが似ており、業界では「両社がNHNに対抗してモバイル広告市場先取りのために手を握るだろう」という観測が出ている。これと関連し、IT業界の関係者は、「グーグルがダウムの筆頭株主のイ・ジェウン創業者とも接触しており、ある種の事業的提案をしたと承知している」と伝えた。

また、両社は5月からともにソウル地方警察庁サイバー犯罪捜査隊の捜査を受けている。警察関係者は、「両社がモバイル広告プラットフォームを通じて個人の位置情報を事前同意なく収集・使用した状況がある。近く捜査結果を発表する予定だ」と話した。これに対し両社は、「収集された情報は個人を識別できない合法的内容だ」と主張している。

一方、両社は国内検索市場では依然として激しい競争関係にある。4月にダウムはNHNとともに「アンドロイドフォンにグーグルモバイル検索機能を基本搭載したのは不公正取引行為だ」としてグーグルを公正取引委員会に提訴している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    グーグル社長、韓国2位のポータルサイトの高位幹部と極秘接触

    2011.08.22 09:17
    뉴스 메뉴 보기
    グーグルのダニエル・アレグレ社長。
    TOP