주요 기사 바로가기

三星に門前払いを食らったロボット狂、アンドロイド連合軍の司令官に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.19 11:37
0
4月にグーグル創業者のラリー・ページは最高経営責任者(CEO)に就任すると昇進人事を行った。グーグルに合流して6年にしかならないアンディ・ルービンを18人の副社長の1人に抜てきした。それから4カ月でルービンは“大事件”を起こした。モトローラの携帯電話事業部を125億ドルで買収し、世界の通信市場の地図を変えたのだ。今回の買収の裏にルービン副社長がいたとウォールストリートジャーナルが17日に報道した。

彼はロボット狂だった。2003年に設立した「アンドロイド」という会社名も人間に似たロボットという単語から取った。当時の彼は家賃を払う金もなく、友人の助けを得なければならない境遇だった。翌年「アンドロイド」というスマートフォン用基本ソフト(OS)構想を持って三星(サムスン)電子を訪ねたがひじ鉄を食らって出てきたというエピソードもある。しかし2005年、彼に人生逆転の機会が訪れた。グーグルの創業者ページに会ったのだ。

当時ページはルービンが「デンジャー」というベンチャー企業を運営していた時に製作に参加した「サイドキック」という電話に熱狂した。サイドキックを作ったのはいったい誰かと気になっていたページに、ルービンはアンドロイドOS構想を説明した。ちょうどページには悩みがあった。グーグルの検索エンジンと地図を携帯電話に搭載したいのだが、通信事業者の横暴は並大抵ではなかった。これを突破する妙案がないだろうかと苦心していたページとルービンは意気投合した。その年にグーグルはアンドロイドを買収した。

2年の間ルービンはグーグルの秘密プロジェクトに没頭した。当時スマートフォン用OS市場はマイクロソフト(MS)が牛耳っていた。MSは自社のOSを使う携帯電話事業者にウィンドウズを採択したPCメーカーにしているように費用を払わせた。これとは違いルービンは初めからOSコードを携帯電話製造業者に公開するつもりだった。代わりにアンドロイドOSを使う携帯電話が多くなればそこに広告を載せ投資費用を取り戻そうという計算だった。


三星に門前払いを食らったロボット狂、アンドロイド連合軍の司令官に(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    三星に門前払いを食らったロボット狂、アンドロイド連合軍の司令官に(1)

    2011.08.19 11:37
    뉴스 메뉴 보기
    アンディ・ルービン氏。
    TOP