주요 기사 바로가기

【コラム】江原道のカムジャジョンが日本の寿司に勝つ秘法(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.12 11:36
0
1988年のソウル五輪からちょうど30年ぶりに韓国で五輪が開かれる。まだ韓国の五輪を経験しておらず本だけでソウル五輪を習ってきた若い世代には改めて韓国民としての自負心を高揚できる良い機会になるだろう。

ウィンタースポーツが発達した欧州をはじめとする世界各地から選手と役員・観客、多くの記者が取材のために韓国を訪れるだろう。韓国というブランドを広く知らしめることができる最高の機会になるだろう。88年には近代化された工業韓国の姿を見せ、2002年サッカー・ワールドカップが韓国民の情熱を世界に誇った時間だとすれば、今回の冬季五輪は韓国の文化を披露して耳目をひきつける良い機会になると信じる。

国を代表する文化のひとつが食べ物だ。今回の機会にこれまで政府で努力してきた韓国料理世界化の結実を得られれば良いだろう。しかし、食べ物というのは単に作って見せ、腹だけふくれるのが全てではないため、いまから細心な準備をしなければ訪れてくるお客とわれわれの双方が満足できないだろう。食べ物を食べるというのは文化だけでなく、その国の重要産業でもある。産業を育てようとするならば投資と雇用が先に行われなければならない。投資には利益が伴わなければ、利益を出そうとするなら適正な売り上げがなければならない。


【コラム】江原道のカムジャジョンが日本の寿司に勝つ秘法(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP