주요 기사 바로가기

大邱世界陸上、義足のピストリウスも出場か

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.07.21 14:45
0
彼に不可能はなかった。 ‘義足スプリンター’オスカー・ピストリウス(25、南アフリカ)が来月27日に大邱で開幕する世界陸上選手権への出場を目前に控えている。

ピストリウスは20日(日本時間)、イタリア・リグナノで開催された国際陸上大会男子400メートルで45秒07をマークし、世界選手権A基準記録の45秒25をクリアした。国際陸上競技連盟(IAAF)は各種目の国別世界選手権出場選手を最大3人に制限している。 南アフリカの場合、男子400メートルA基準記録通過者はまだルイス ・バン・ジル(44秒86)とピストリウスの2人だけだ。 ピストリウスが大邱に来る場合、メジャー陸上大会で非障害者選手と競う最初の障害者選手となる。

ピストリウスは生まれた時から両足の腓骨がなかった。 そして生後11カ月目、膝下を切断する大手術を受けた。 しかし天は腓骨の代わりに彼に強い意志と勝負欲を与えた。 義足で両足を得たピストリウスは小中高校時代、ラグビー・テニス・ウォーターポロ・レスリング選手として活躍した。

18歳だった2004年、ピストリウスはラグビーで膝に大けがを負った。 この時、彼に陸上選手という運命が訪れた。 ランニングでリハビリをしていた彼が陸上の面白さを知ったのだ。 最初は遅かったが、彼はトラック上ですぐに輝きを放った。 2004年アテネパラリンピックに出場し、200メートルで金メダルを獲得した。

07年には100・200・400メートルで障害者世界記録を更新した。 障害者陸上で頂点に立つと、彼は非障害者とのレースを宣言した。 07年7月のゴールデンカラー大会400メートルで非障害者と初めて対戦し、46秒90の記録で予選2位に入る異変を起こした。 彼は五輪と世界選手権大会を目指し始めた。

しかしIAAFは08年1月、「義足を使用すれば推進力を与える」とし、ピストリウスは五輪に出場できないという解釈を出した。 ピストリウスはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。 CASは同年7月、IAAFの判断は証拠が足りないという判決を下した。 五輪と世界選手権大会への出場の道は開かれたが、彼は08北京五輪当時、A基準記録(45秒55)に0.7秒足りず出場できなかった。

ピストリウスはこの日、A基準記録を越えた後、ロイター通信とのインタビューで「夢のようなレースだった。 あす朝、眠りから覚めて実感がわいてきそうだ」と話した。 「私は走ることで世の中の壁を乗り越える」と語るピストリウス。 彼のもう一つの挑戦が8月の大邱で始まる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大邱世界陸上、義足のピストリウスも出場か

    2011.07.21 14:45
    뉴스 메뉴 보기
    オスカー・ピストリウス。
    TOP