주요 기사 바로가기

<海兵隊銃乱射事件>“無敵海兵”のスローガンの裏で組織的過酷行為

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.08 15:29
0
今月4日、江華島(カンファド)海兵隊小哨銃器乱射事件を起こしたキム上等兵(19)とチョン二等兵(20)は、先任後任からの過酷行為を克服できず、すでに先月初めに犯行を共謀していたことが分かった。クォン・ヨンジェ海兵隊2師団銃器事件捜査本部長は7日、「2人は6月初旬、『休暇に出るときに事故を起こして逃げよう』と共謀していた」とし「その後は何もしなかったが、事件当日の朝、犯行を謀議して実行に移した」と説明した。チョン二等兵は共謀はしたが武器の運び出しなどには加担しなかった。

国防省によるとチョン二等兵は4月の転入直後から最近まで、先任から過酷行為に遭っていた。小哨の某兵長は、キリスト教信者のチョン二等兵に「兵長は神様と同じだ。キリスト教をどうして信じるのか。むしろ私に対して祈りを捧げろ」と言って聖書に火を付けた。またチョン二等兵を立たせて、「性器を燃やしてやる」と言って、戦闘服の下衣ジッパー部分に噴霧式殺虫剤を吹き付け実際に火を点けたりもした。

チョン二等兵は「○○○が『誰が一番嫌いか』と聞かれたのでAだと答えたが、Aがこれを知って拳で胸を殴打した」と述べた。キム上等兵も「後任から認められず、先任から過酷行為に遭った」と述べた。初動捜査で「殴打、いじめ、期数列外はなくさなければならない」と明らかにしたキム上等兵は、追加の調査で「期数列外にすでに遭ったのではなく、今にも遭いそうだった」と述べた。

2兵士のこの陳述は、海兵隊で過度の過酷行為が組織的にあったことを示唆している。特に小哨場(中尉)と副司令官が過酷行為を知りながらも放置していた可能性があり、捜査の拡大はもちろん海兵隊全部隊を対象にした強力な監査がを避けれらない見通しだ。海兵隊の組織的な過酷行為の病弊は、国防省監査官室が7日、国会に提出した「海兵隊の殴打関連監査結果」でも確認されている。

◆期数列外=海兵隊特有の「いじめ」の習慣。入隊期数の序列が厳格な海兵隊で、部隊員が特定兵士に対して先輩扱いや後輩扱いをしないことをいう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP