주요 기사 바로가기

<海兵隊銃乱射事件>前日に同じ師団の二等兵が自殺

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.08 08:46
0
4日に海兵隊第2師団での銃乱射事件が発生する前日に、同じ師団に所属する兵士が外泊に出た後に自殺していたことがわかり、当局が7日から調査に乗り出した。軍と警察によると、3日午後0時ごろ、京畿道安城市(キョンギド・アンソンシ)の商店ビル2階の階段で第2師団の23歳の二等兵がひもで首をくくったまま死んでいるのを店の利用客が発見し、遺体と所持品を海兵隊に引き渡した。警察関係者は、「両親に申し訳ないという内容が遺書に書かれていた」と話している。

しかし銃乱射事件発生直後にこの二等兵の同僚だと主張するツイッターユーザーのツイート(書き込み)が広まり議論が起きている。このツイートには、「先輩であり同僚が海兵隊で殴打を受け自殺した。鎖骨が折れた先輩はどうなったのか」という内容だった。

これと関連し海兵隊関係者は、「遺書には個人の身辺を悲観する内容があったが、部隊と関連した内容はなかった。部隊内で過酷な行為があったのか調査しているが、まだ確認されたものはない」と述べた。国防部も公式ツイッターを通じ、「二等兵は殴打を受けたことはなく、知人と外泊に行き自殺したものとみている」と釈明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP