주요 기사 바로가기

海兵隊銃撃事件…連隊・大隊長を解任

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.11 08:18
0
海兵隊は、第2師団の江華島(カンファド)海岸哨所で4日に発生した銃撃事件に関し、該当連隊長と大隊長を解任することにした。

海兵隊の関係者は「事件の責任を問うて連隊長のミン大佐と大隊長のハン中佐を解任することに決めた」と明らかにした。これを受け、ミン大佐は12日に、ハン中佐は11日にそれぞれ解任される予定だ。

今回の事件の主犯であるキム上等兵(19)は上官殺人と殺人、殺人未遂、軍用物窃盗などの容疑で9日に拘束令状が発給されたと、海兵隊は明らかにした。

また海兵隊の関係者は「海軍中央捜査団が該当哨所の兵士を相手に取り調べた結果、部隊内で暴力やいじめなどの行為があったことを確認した」とし「こうした行為にかかわった兵士3-4人を集中的に調べている」と述べた。軍当局は容疑が確認されればすぐに拘束令状を請求する方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP