주요 기사 바로가기

クラウド押し寄せるも…韓国は“無脳”危機(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.13 09:27
0
少女時代とスーパージュニアが所属するSMエンターテイメントは最近、クラウドコンピューティングシステムの導入を決めた。ミュージックビデオのような大容量コンテンツが多いうえ、世界各地のファンの接続が急増しているからだ。クラウドコンピューティングを適用すればサーバーの容量を効率的に配分でき、情報技術(IT)管理コストも大きく減らせる。この技術が21世紀に人類が直面したデータ急増問題の解決策として急浮上した理由だ。

グーグルとアップルも最近、相次いでこれを核心成長動力として公表した。グーグルは先月、世界で初めてクラウド対応の「クロームブック」を、アップルは6日に「iCloud」を出した。マイクロソフト(MS)副社長はこの技術を「コンピューター、インターネットの登場に続く第3のIT革命」と命名した。

市場調査会社IDCによると、昨年のこの市場規模は39兆ウォンで、2014年は109兆ウォンに膨らむと予想されている。セールスフォースドットコムの副社長は「クラウドコンピューティングがITの民主化を引き出すだろう」と述べた。資金が不足する中小商工人も大容量サーバーや先端ソフトウェア(SW)を使用できる道を開いたということだ。

韓国内1位のソーシャルコマース会社チケットモンスターのシン・ヒョンソン代表は「創業初期からアマゾン・セールスフォースドットコムのクラウドサービスを使用してきた。コスト節減はもちろん、急成長した事業の規模を支えるのに大きく役立った」と述べた。


クラウド押し寄せるも…韓国は“無脳”危機(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP