주요 기사 바로가기

3回の異常信号…なぜKTX運行を中断しなかったのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.14 09:49
0
最先端技術の複合体と呼ばれる韓国型高速鉄道がナット一つのために脱線した。光明(クァンミョン)駅KTX脱線事故の原因に挙げられたコントロールボックスはレールの横に設置されている。高速鉄道駅の信号体系室から信号を送れば、実際にレールを動かして線路を連結する装置だ。列車が停車したり線路を変える時に使われるこの装置は、レールを動かした後に線路に固定させる役割もする。

韓国鉄道技術研究院のキム・ヨンギュ列車制御通信研究室長は13日、「コントロールボックスの中にはレールを移動させた後に固定させるコントローラーがある。コントローラーに異常が生じれば、動いたレールを固定させられず、列車が脱線することがある」と述べた。

光明駅側はKTX脱線事故が発生した11日未明、コントロールボックスの整備作業をした。深夜0時から午前4時まで列車が通過しない時間帯を利用した。しかし午前6時ごろ、列車が運行し始めると、コントロールボックスに異常があるという信号が信号体系室のモニターに3回表示された。

キム室長は「列車が運行しながら非正常的な振動が発生し、コントローラーの電気接点が消えたりついたりするという異常信号が出ていたようだ」と話した。国土海洋部の関係者も「異常信号が入ってきた時、KTXの運行を一時中断させた後、コントロールボックスをきちんと整備すれば、脱線事故を防げただろう」と述べた。

しかし光明駅側は臨時措置を取るにとどまった。ソウル-釜山(プサン)を行き来する列車が利用するレールの信号体系に異常がないかどうかだけを確認した。列車が方向を変える時、橋をかけるように動くコントローラーがきちんと作動するかどうかは点検しなかった。

事故列車は釜山から光明駅まで運行する列車だった。この列車は停車するため、上り線から下り線に進入した。光明駅に乗客を降ろした後、レールを変える必要なくすぐに釜山へ行くためだ。この時にレールを連結したのがコントロールボックスだ。しかしコントローラーがレールを動かして橋をかけたが、動いたレールを固定できなかった可能性が高い。このため列車の前部は無事にレールに乗ったが、後部が移動する時は脱線してしまったのだ。
3回のエラー䶐号…なぜKTX運行を中断しなかったのか(2)

【今日のイチオシ記事】
・3回の異常信号…なぜKTX運行を中断しなかったのか
・中国が世界2位の経済大国に…日本は3位
・K-POP界盗作問題、韓流イメージの失墜が懸念
・KARAの5人、日本での撮影終え帰国
・南楊州で謎の爆音、“北の南侵トンネル説”も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP