주요 기사 바로가기

「ナット一つがKTXを脱線させた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.14 09:01
0
小さなナット一つのために最先端のKTX(高速鉄道)が脱線したことが確認された。信号を受けてレールを切り替えるコントロールボックス(転轍機)を整備した際、ナット一つが抜けたのが、脱線事故の原因になったと、関係当局は見ている。

国土海洋部の関係者は13日、「KTX列車の脱線原因はレールのコントロールボックスの整備不良ために発生したことが明らかになった」と述べた。

国土部によると、KTX脱線事故が発生した11日未明、光明(クァンミョン)駅側はレールの横のコントロールボックスを整備した。しかし作業者がコントロールボックスの部品にナット一つを付けなかった。

ナット一つが抜けると、ボックス内にあるコントローラーが動いたレールを固定できず、列車の後ろの客車が脱線する危険性が高まる。

国土部の関係者は「コントロールボックスの整備不良は列車運行が始まった午前6時ごろ、光明(クァンミョン)駅信号体系室モニターにエラーを知らせるサインが3回出て感知されていた」と説明した。しかし光明駅側は、釜山(プサン)からソウルに直行する列車と光明駅に停車してからソウルに行く列車だけが正常運行できるようコントロールボックスの応急措置を取った。

事故の列車は釜山を出発して光明駅まで運行する車だったが、光明駅で停車するために下り線レールに移る際に事故が発生した。国土部の関係者は「事故列車が乗り換えるレールをコントロールボックスが固定できずに揺れて、脱線につながった」と説明した。
【今日のイチオシ記事】
・3回の異常信号…なぜKTX運行を中断しなかったのか
・中国が世界2位の経済大国に…日本は3位
・K-POP界盗作問題、韓流イメージの失墜が懸念
・KARAの5人、日本での撮影終え帰国
・南楊州で謎の爆音、“北の南侵トンネル説”も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP