주요 기사 바로가기

米中首脳会談の前日、金正日はミサイル工場へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.20 08:23
0
この数日間、平安道(ピョンアンド)一帯の軍需工場など産業施設を視察してきた金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が、米中首脳会談が開かれた19日、平壌(ピョンヤン)に戻ったことが把握された。

北朝鮮官営朝鮮中央通信は19日の報道で、金委員長が平壌中央動物園を現地指導したと報じた。動物園訪問には文京徳(ムン・ギョンドク)平壌市労働党責任秘書、崔泰福(チェ・テボク)、太鍾守(テ・ジョンス)党秘書が随行したと、中央通信は伝えた。

これに先立ち中央通信は18日の報道で、金委員長が平安南道价川(ピョンアンナムド・ケチョン)の「1月18日機械総合工場」を訪問したと明らかにした。この工場は北朝鮮の代表的な軍需工業施設で、ミサイル関連部品を生産していると、情報当局は把握している。

政府関係者は「米中首脳会談の前にミサイル関連の軍需工場を訪問して対外メッセージを送った後、当日は平壌で首脳会談の結果を見守ろうという動きと把握される」と述べた。

北朝鮮は金正日の動静を報道する際、具体的な日時を公開しないが、この日の報道では「金日成(キム・イルソン)同志と金正日同志が42年前、現地に出て工場地を確保してくださった時と同じ1月18日、将軍様(金正日)をまた迎えた」と伝え、異例にも視察が18日に行われたことを公開した。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】時代錯誤的な「韓米ミサイル指針」 必ず改めるべき
・KARA「日本の収益1~2%」、所属事務所「両親らの突出行動」
・「弾道ミサイル射程距離1000キロ以上に」…韓米が交渉開始
・中国、今度は海で…「ステルスミサイル高速艇」公開
・<アジア杯>1ゴールも決められなかった北朝鮮、8強ならず


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP