주요 기사 바로가기

根岸英一教授「韓国、ノーベル科学賞受賞の条件は整った」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.08 16:18
0
6日、今年のノーベル化学賞の共同受賞者に選ばれた根岸英一米パデュー大特別教授は、小学生時代の2年間をソウルで過ごした。 それだけに韓国に対する愛情も深い。 韓国がノーベル科学賞を受賞するための苦言もためらわなかった。 ノーベル賞受賞の喜びがまだ続く7日午前、米インディアナ州の自宅にいる根岸教授に1時間ほど単独電話インタビューをした。

--日本はノーベル科学賞をこれまで15人も受賞しているが、韓国ではまだ受賞者が出ていない。その理由をどう考えるか。

「正直、それは知らなかった。 近代化の歴史の差かもしれない。 日本は太平洋戦争後すぐに科学立国のために多くの投資をしてきた。 産業も急速に発展した。 ノーベル賞を受賞できる土壌が早くから形成された。 蓄積の力だ。 しかし韓国は約30年遅かった。 それでもその速度が速いだけに、ノーベル科学賞を受賞する条件は整った。 時間の問題だと思う」

--韓国の科学力に対する印象は。

「米国で会った韓国人の研究者は能力と素質が非常に優れている。 ところが、その人たちが韓国に帰れば大きく伸びていくことができないのをみて、率直に残念に思っていた。 有能な才能を生かせない雰囲気があるのではないだろうか。 例えば私が研究している分野に限って話せば、すぐに韓国人研究者の名前が浮かばないのはなぜだろうか。 優秀人材に対する国家的な研究支援が必要だ。 もう一つ助言するなら、日本の場合、科学分野で多くの国策プロジェクトを推進してきた。 これを通じて発展が加速した。 韓国もその必要がある」
根岸英一教授「韓国、ノーベル科学賞受賞の条件は整った」(2)

【今日のイチオシ記事】
・韓国・EUのFTAが発効すれば…日本自動車企業が懸念
・【社説】うらやま떂い…日本のノーベル賞リレー
・ノーベル文学賞にペルーのバルガス・リョサ氏、高銀氏は今回も受賞ならず
・キャンベル次官補「韓米関係はルネッサンスを迎えている」
・釜山国際映画祭レッドカーペットのベストとワーストは?


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP