주요 기사 바로가기

【噴水台】ノーベル賞の季節

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.05 15:08
0
1995年9月、金泳三(キム・ヨンサム)大統領は「ノーベル賞に対する国家戦略的挑戦」を宣言し、高等科学院の設立を電撃発表した。 これを通じて韓国の基礎科学レベルを「2010年までに科学技術7大先進国に高める」という意欲的な目標も提示した。 翌年、数学・物理学・化学・生物学・経済学分野の創造的科学人材を養成するため、高等科学院をスタートさせた。 あれから15年が過ぎた今、基礎科学が一朝一夕になるものではないという点だけを確認させてくれている。 科学者を「オリンピック選手村方式」で育成しようという試み自体が最初から誤った発想だ。 何かと騒がしかった金大中(キム・デジュン)元大統領の平和賞受賞があるが、基礎科学・経済学分野で韓国は依然としてノーベル賞の不毛地として残っている。

ノーベル賞に関する限り、ユダヤ人は独歩的だ。 1901年に始まったノーベル賞の歴史で、昨年まで団体と機関を除いて栄誉を抱いた個人(共同受賞者含む)は計806人。 このうち4人に1人(184人)がユダヤ人だ。 米国国籍の受賞者は282人であり、3人に1人以上だ。 特に梅毒の治療剤を開発したエールリッヒ、相対性理論のアインシュタインなど医学・化学・物理学で頭角を現した。 69年に新設された経済学賞はサミュエルソンをはじめ、受賞者のおよそ半分が米国国籍のユダヤ人だ。

全世界の人口68億人のうち1%にもならない1400余万人のユダヤ人がノーベル賞を多くを占める理由は何か。 外交官出身の朴宰善(パク・ジェソン)教授は著書『ユダヤ人パワー』で、ユダヤ人の歴史と教育を取り上げた。 過去ヨーロッパで十数世紀にわたる迫害と追放に苦しみ、ディアスポラを経験したユダヤ人は、1カ所に定着して基盤を築く農業や生産業に従事するのが難しかった。 頻繁な移動と生存本能は‘頭’、すなわち頭脳の開発に依存することになった。 ここにハードウエアよりもソフトウエアを重視する実事求是の教育が加わったという分析だ。

ノーベル賞の季節がまた来た。 4日の医学賞から来週初めまで物理学・化学・文学・平和・経済学賞の受賞者が順に発表される。 新しい政権が誕生する度に「科学ノーベル賞」を叫ばれてきたが、空念仏だった。 教育や国の政策など何かが誤っていたのは明らかだ。 「想像力は知識より大切だ」というアインシュタインの言葉からうっすらと答えをさがすことができる。 必ずしもノーベル賞が欲しいからではない。 科学技術の進歩がなければ国の未来も暗い。

高大勲(コ・デフン)論説委員
【今日のイチオシ記事】
・韓国女性グループ熱風にタイ政府、ホットパンツ自粛命令
・同じ服を着たチャン・ツイィー、チェ・シラは洗練、キム・テヒは…?
・三星電子、NTTドコモと提携で「ギャラクシーS」「ギャラクシータブ」販売へ
・「ミン・ホンギュ容疑者、国璽に自分の名前を刻んでいた」
・為替レート対応‘眺める姿勢’が必要な時期


最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP